終戦前にも言われていた『国債=国民の借金』

『国債は国家の借金、つまり国民全体の借金ですが
同時に国民がその貸し手で……』

この手の話は、どこかの
日本健全論者が使う文句。

実はこちらの文書は
敗戦前の1941年に発行された
戦費調達のため出版物。

戦後、国債は破綻しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 中国は食糧難?日本にも襲う食糧危機の兆候

  2. 2020年、不況はなぜ起こるのか? 

  3. 破綻間近!地銀の粉飾に金融庁が警鐘した!

  4. トランプ大統領がアマゾンを口撃する裏事情

  5. 家賃滞納急増!窮地に追い込まれるアパート経営の実態…

  6. 世界大恐慌のサバイバル術!田舎移住のススメ

  7. ヘッジファンド売り推奨に騙されるな!

  8. 日本人が外国人労働者を活用するコツとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ