日銀の出口戦略は粉飾決算

量的金融緩和によって
日銀が大量国債を抱えている。

一国の中央銀行が大量の自国債を
抱えるのは歪な構造となっていますが
もし金利上昇になるとたちまち
大量の不良債権を抱えることになります。

不健全な財政問題を抱えるのは
中央銀行としては致命的ですが、
ある専門家が素晴らしい提案をしました。

その答えは

『粉飾決算せよ!』

でした。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 大統領選と支配構造(プロレス)の関係

  2. アメリカが同性愛者を擁護する隠された秘密

  3. 密かに日本国債で『儲けている』外資とは?

  4. 地方の最低賃金を上げると地方を滅ぼすワケ

  5. 本格的バブル崩壊のタイミング 世界経済は市場崩壊に耐えられるのか?

  6. 中国、原油先物上場がもたらす世界原油価格への影響

  7. ビットコインはスリル満点のお粗末な通貨

  8. インド:税制整備を整え外資参入への期待

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ