コインチェック荒稼ぎのカラクリ

仮想通貨ネムを流出させたコインチェック。

騒動当初は「新興勢力のコインチェックに
巨額の資金を返済する能力はない」
との見方が大半でした。

しかし、投資家の見立てをはるかに
上回る利益を稼いでいたことが分かりました。

営業利益率86%という驚異的な業績

その好業績の裏に『ある』カラクリが
存在していました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 新NAFTA、日本経済への影響 

  2. 都市機能が停止した深セン!世界経済への深刻な影響とは?

  3. 中小企業の大廃業時代の生き残り方

  4. 「滅びる日本」であなたがやるべきこと!

  5. 世界支配層に反旗を翻すフィリピンの行方

  6. 急増する新興国のエネルギー需要

  7. IT投資不足、AIビジネスに日本は乗り遅れる?

  8. 世界トップ大学のブロックチェーン人材育成

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ