外国投資が半減!フィリピン経済の行方

フィリピンへの外国投資に陰りが出ています。

2017年の外国からの直接投資額は
前の年に比べ半減した。

政府は輸出型企業への優遇税制も縮小する方針で、
低迷は長引くとの見方が出ています。

足元の経済は好調ですが、外国投資の落ち込みは
長期的に成長を阻む可能性があります。

今後のフィリピン経済に関して横森が分析しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 日本円か紙くずとなる日への心構え

  2. 高値相次ぐ新興国株に要注意!

  3. 金融にかけるバフェット、真の狙いとは?

  4. 20年以内に日本の労働人口の半分が人工知能に奪われる100職業

  5. 『金融政策の終焉報道』の秘密

  6. 富裕層を完全把握する国税の包囲網

  7. 国家が失われる次世代の社会とは?

  8. やりたいことを見つける自己発見法

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ