外国投資が半減!フィリピン経済の行方

フィリピンへの外国投資に陰りが出ています。

2017年の外国からの直接投資額は
前の年に比べ半減した。

政府は輸出型企業への優遇税制も縮小する方針で、
低迷は長引くとの見方が出ています。

足元の経済は好調ですが、外国投資の落ち込みは
長期的に成長を阻む可能性があります。

今後のフィリピン経済に関して横森が分析しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 海外直接投資19%減から予測する世界経済

  2. インデックスファンドの落とし穴

  3. 円暴落後に変革する次世代通貨システム

  4. 人民元国際化が立ち往生した理由

  5. 留学渡航先5位になったフィリピン、海外留学のススメ 

  6. ICO詐欺、不正横行:裏で仕掛けられる実験とは?

  7. 新型コロナ治療薬アビガン承認の動きの裏読み

  8. 粉飾GDPの中国経済の実態

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ