激変するベンチャー投資:アジア VS シリコンバレー 

長らくベンチャーキャピタル(VC)の
王者として君臨してきたシリコンバレーですが、
現在、その座がアジア勢に脅かされています。

昨年は世界のベンチャー投資の40%が
アジアの投資家が占めました。

今後のベンチャーの行方は
アジアが熱そうです。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 多くの日本健全論者が見逃す落とし穴

  2. 未来を担う2つのプロレス団体系仮想通貨

  3. 多国籍企業の徴税時代に儲かる投資先

  4. 東南アジア不動産:着目するターゲット層の変化! 

  5. 上場企業のマイニング事業撤退から学ぶ、小資本の個人でもマイニングで利益…

  6. アルゼンチン親米政権誕生から見る世界支配者の存在とは?

  7. その老朽化直せません!どうなるマンション不動産?

  8. 急成長を遂げる中国アリババの将来性

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ