その老朽化直せません!どうなるマンション不動産?

マンションの修繕工事に使う財源が
不足する懸念が強まっています。

所有者が払う修繕積立金の水準は
全国の物件の75%が国の
目安を下回っていました。

老朽化した物件でも修繕費が
足りないので直すことができない。

そのようなマンションが75%
あるというから驚きです。

サラリーマン大家などと
マンション投資が流行っています。

しかし、マンション投資は
慎重にならなければなりません。

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. アメリカによる中国仕掛け?イラン原油貿易での罠

  2. 国務省幹部の辞職から読むトランプ政権の隠された狙い

  3. 大不祥事企業をバフェットが買い増す理由

  4. 適正にリスクを判断して保険で損しない方法

  5. アメリカの「内向き」政策がもたらす世界経済圏の再編

  6. NYに「トークン不動産」ブロックチェーンの未来

  7. だまされてはいけない!大損する金融プロのアドバイス

  8. 世界の紙幣がタンス預金に消える謎

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ