認知症高齢者が大株主になる日本の将来

日本の高齢化が新たな局面に入ります

75歳以上の後期高齢者が65~74歳の
前期高齢者をまもなく上回り、
高齢者全体の半数を超えます。

2035年には最大150兆円の有価証券を
認知症の高齢者が保有するとの試算。

今後の重老齢社会による日本の将来
想像するだけで怖いです。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. トランプ大統領がアマゾンを口撃する裏事情

  2. 国債暴落?「節税保険」解約ラッシュ、保険会社の経営悪化が生む波紋

  3. 富裕層になる『マインドセット』とは?

  4. フィリピン大統領、米国に「ワクチンを提供しなければ軍事協定を終了する」…

  5. イラン危機の裏シナリオ

  6. 令和時代の成功に必要な能力(つきたい仕事ランキング)

  7. ゴーン氏逮捕:陰謀論の真相

  8. 金利上昇で企業が連鎖破綻する危険な地域

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ