ラトビアの金融スキャンダルから見る反ロシア工作

欧州連合(EU)に加盟するラトビアが
金融スキャンダルに揺れています

主要銀行が北朝鮮などのマネーロンダリング
に加担していると米当局に告発され、
中央銀行総裁が収賄の疑いで
一時身柄を拘束されました。

横森がラトビアに関連して
裏資金の事情を詳しく開設しました!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 米中武力衝突で日本崩壊リスクを想定せよ!

  2. サウジ沖のイランタンカー攻撃:中東戦争への仕掛け?

  3. 成功する投資先を一発で見分ける方法

  4. ヘッジファンド売り推奨に騙されるな!

  5. 親中vs反中、中国に迫られる新興国債務の対応

  6. 4分の1がマイナス金利となる債券バブルの行く末とは?

  7. 築30年で資産価値下げるマンション経営の罠

  8. ビル・ゲイツと仲違い!?バフェットがB&MG財団理事を辞めた…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ