国債先物取引:海外勢54%、海外投資家の真の狙いとは?

2017年の国債先物取引に占める
海外勢の割合は54.5%と
1999年以降で最高となりました。

海外のポジションが高まっているのは
危険な兆候だと横森は警戒しています

日本国債暴落の仕掛け手法を
開設しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. プロレス大統領トランプ SNSアカウント永久凍結が持つ意味とは?

  2. コインチェックがぼろ儲けした相対取引の裏話

  3. 国民が飢え死にしようが関係ない!? 香港通貨利権を巡る英中の思惑

  4. 日本円か紙くずとなる日への心構え

  5. 「GAFA」を使いこなせば稼ぐ人間になれる理由

  6. 日本健全論者の盲点

  7. 反ユダヤ主義はやめましょう

  8. フィリピン不動産:手抜き工事の見極め方

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • その1
    • 2018年 1月 30日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ