国債先物取引:海外勢54%、海外投資家の真の狙いとは?

2017年の国債先物取引に占める
海外勢の割合は54.5%と
1999年以降で最高となりました。

海外のポジションが高まっているのは
危険な兆候だと横森は警戒しています

日本国債暴落の仕掛け手法を
開設しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. その老朽化直せません!どうなるマンション不動産?

  2. アジアを動かす『ある』団体の正体

  3. あなたが保有していい仮想通貨の『ある』条件とは?

  4. 低収入男性が最愛の女性を見つける『視点』

  5. 日銀、物価上昇率2%の『偽』目標

  6. ドイツ銀行が破綻する爆弾訴訟リスク

  7. 国が狙う休眠預金の没収

  8. 築30年で資産価値下げるマンション経営の罠

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • その1
    • 2018年 1月 30日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ