海外不動産の節税法がなくなる!?

高額所得者は海外不動産投資をすることで
合法的に節税する方法があります。

2018年の税制改正では見送られたが、
今後は見直し対象になる可能性があります。

海外不動産の節税法と税制改正が実施された
場合の影響について横森が解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 仮想通貨で出資規制!証券詐欺はなくなるか?

  2. 米韓、駐留経費交渉の行方

  3. 2万を越えた限界集落..過疎地域が日本を滅ぼす?

  4. あなたの資産が搾取される危険な投資信託

  5. 韓国で「輸出」16.6%減少!間近に迫る韓国破綻タイミング

  6. 誹謗中傷が好きな中高年はどう生きればいいのか? 

  7. 仮想通貨投資を推奨する米年金コンサル企業

  8. 新興国の資金援助「IMFか中国か」 どちらが賢明?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ