消費ではなく貯蓄に課税!日本の税制の近未来

日本経済の不況の元凶は
貯蓄にある。

『消費ではなく貯蓄に課税せよ!』

と主張する経済評論家も出てきた。

貯蓄に課税すれば税逃れのために
消費や投資に使うことになる
お金の循環が回るようになります。

近未来的には貯蓄税の将来も
見越して対策をしなければなりません。

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 大統領選と支配構造(プロレス)の関係

  2. 社会主義が崩壊した本当の理由

  3. 人生を不幸にする安易なアパート建設に要注意!

  4. 金融緩和を支持する日本人は愚民である

  5. 中国の爆買いバブルは崩壊?

  6. ブロックチェーン人材の求人数で見える仮想通貨の未来

  7. IMFが中国を助けるために6500億ドルばら撒く!?

  8. 慰安婦像の設置団体の『正体』

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • その1
    • 2017年 12月 29日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ