消費ではなく貯蓄に課税!日本の税制の近未来

日本経済の不況の元凶は
貯蓄にある。

『消費ではなく貯蓄に課税せよ!』

と主張する経済評論家も出てきた。

貯蓄に課税すれば税逃れのために
消費や投資に使うことになる
お金の循環が回るようになります。

近未来的には貯蓄税の将来も
見越して対策をしなければなりません。

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 2023年にスイスの国際機関が仕掛ける経済崩壊スイッチ

  2. 世界大不況!あなたが保有すべき資産とは?

  3. 4分の1がマイナス金利となる債券バブルの行く末とは?

  4. 粉飾GDPの中国経済の実態

  5. 中央銀行デジタル通貨の近未来

  6. 3年連続の「想定外」自然災害で損害保険会社が危ない?

  7. 米、パキスタンに「同盟剥奪」に関わる裏話

  8. キャッシュレス社会の世界とは?

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • その1
    • 2017年 12月 29日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ