消費ではなく貯蓄に課税!日本の税制の近未来

日本経済の不況の元凶は
貯蓄にある。

『消費ではなく貯蓄に課税せよ!』

と主張する経済評論家も出てきた。

貯蓄に課税すれば税逃れのために
消費や投資に使うことになる
お金の循環が回るようになります。

近未来的には貯蓄税の将来も
見越して対策をしなければなりません。

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. イラン危機の裏シナリオ

  2. バブル弾けるアジア不動産、狙うべき不動産投資とは?

  3. あなたが知らない2024年の新紙幣の変更のシナリオ

  4. 「滅びる日本」であなたがやるべきこと!

  5. 財務省の海外法人税逃れ課税策の対策

  6. 日本ではなく海外で稼げ!

  7. 来るべき食料高騰の兆し?「収穫したくてもできない…」農業の実情

  8. 米・トルコ 対立軸の裏側

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • その1
    • 2017年 12月 29日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ