「1万円の発行残高過去最高」の裏読み

世の中に出回る1万円札が増え続けています。

1万円札(高額紙幣)の発行量の多さは
海外に比べても突出しています。

1万円札の国内総生産(GDP)比率は17.5%。
米国の100ドル紙幣のGDP比率のおよそ3倍、
英国の30倍近くに達するそうです。

この高額紙幣が異常なまでに流通している
今の日本の状況を横森は『お知らせ』と
受け取っているようです。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 韓国経済がそろそろヤバい?続々と撤退している外資系メガバンク達

  2. 中小企業の大廃業時代の生き残り方

  3. 人口減少するフランスが豊かになる搾取構造

  4. 日本健全論者の盲点

  5. ビットコインはスリル満点のお粗末な通貨

  6. 「スピリチュアル」依存から脱却せよ!

  7. 仮想通貨取引所の選び方

  8. クルド自治政府の独立運動を阻止したい欧米

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ