日本の海外資産1000兆円、個人が海外に資産を逃す方法

日本の企業や個人が海外に持つ
資産が初めて1000兆円を突破。

この5年で約5割増え、国内総生産
(GDP)の2倍に拡大。

輸出などで稼いだお金を外国の株式や
債券に回し、その稼ぎを海外に
再投資する動きも活発に行われている。

今後の日本の先行きを見れば
海外に資金を逃すことはプラスですが
個人が持つ海外資産の保有は少ない。

個人資産をいかに海外に逃すかが課題ですが
横森はそこに対してのできることを
考えているようだ。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 海外事業で成功するための『アムンゼン南極冒険の法則』

  2. 対日感情が大きく変わった中国人 

  3. 国も未来を予測する方法

  4. 世界の社債が9年ぶり安値!世界経済の火ダネ

  5. 外国人労働者受け入れで日本復活?

  6. あなたが知らない2024年の新紙幣の変更のシナリオ

  7. 日本の家計にも大打撃!?天然ガス急騰の世界的背景を解説

  8. 人民元の国際化と通貨決済の未来予想

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ