米、ミャンマー制裁の裏読み

ミャンマーのイスラム系
少数民族ロヒンギャ問題で
米国務省は制裁措置を検討
しているそうだ。

ここで考えなければならないのは
ミャンマーのロヒンギャ問題は
そこまで大きな問題なのか?

人権問題はおそらく中国のチベット問題の方が
ミャンマーよりもっと酷いことしている。

なぜアメリカが中国ではなく
ミャンマーに対して制裁措置を
行おうとしているのか、

その深い理由を解いていくと
アメリカの裏の狙いが見えてきます。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. イスラエル「イラン軍拠点を空爆」の裏事情

  2. OPEC石油生産の減産合意がもたらす石油価格の行方とは?

  3. ユーチューバーは燃え尽き症候群?ユーチューブの正しい戦略

  4. 「朝鮮半島非核化」から見る軍事産業の未来像

  5. 日銀、物価上昇率2%の『偽』目標

  6. 中国大気汚染が世界インフレを招く

  7. 韓国の韓進海運の破たんから見る『ある』特殊事情

  8. 世界不況時の割安株は株の買い時か? 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ