米、ミャンマー制裁の裏読み

ミャンマーのイスラム系
少数民族ロヒンギャ問題で
米国務省は制裁措置を検討
しているそうだ。

ここで考えなければならないのは
ミャンマーのロヒンギャ問題は
そこまで大きな問題なのか?

人権問題はおそらく中国のチベット問題の方が
ミャンマーよりもっと酷いことしている。

なぜアメリカが中国ではなく
ミャンマーに対して制裁措置を
行おうとしているのか、

その深い理由を解いていくと
アメリカの裏の狙いが見えてきます。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. ヘッジファンド売り推奨に騙されるな!

  2. 日本人ギャンブル依存症70万人の嘘

  3. ゴールドより値上がりが期待できる『ある』資源とは?

  4. 世界一のワクチン医師・ビルゲイツに纏わる「陰謀論 vs 事実論」とは?…

  5. 英EU離脱後のEU破綻シナリオとは?

  6. 日本で起きる大量失業時代

  7. 国民が飢え死にしようが関係ない!? 香港通貨利権を巡る英中の思惑

  8. 日本経済を左右する石油価格の行方とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ