米・トルコ 対立軸の裏側

米国とトルコの亀裂が深まっている。

在トルコ米総領事館職員の拘束をきっかけに両国は8日、
ビザ(査証)発給を相互に停止。
シリア情勢などを巡る相互不信の蓄積がビジネスや
観光の往来を制限する異例の事態に発展。

一般的には、アメリカとトルコの記事に思えますが、
実はこの裏側には『ある』2つの対立軸の
背景が関わっているようです。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 今、最も投資に適した国ベスト20

  2. 香港、資金規制:裏金の話

  3. 日本で起きる大量失業時代

  4. 仮想通貨急落でもマイニング事業が儲かる訳

  5. アメリカ法人税、大減税の効果とは?

  6. 【裏話】なぜビットコインが採用されるのか?

  7. マイホームを購入して貧乏になるワケ

  8. 『中案米の自由貿易圏』創設に隠された策略とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ