米・トルコ 対立軸の裏側

米国とトルコの亀裂が深まっている。

在トルコ米総領事館職員の拘束をきっかけに両国は8日、
ビザ(査証)発給を相互に停止。
シリア情勢などを巡る相互不信の蓄積がビジネスや
観光の往来を制限する異例の事態に発展。

一般的には、アメリカとトルコの記事に思えますが、
実はこの裏側には『ある』2つの対立軸の
背景が関わっているようです。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. フィリピン企業の半数が不正被害!犯罪の具体的手口とは?

  2. 収入格差=遺伝:AI時代を生き残る人材とは?

  3. フィリピン:ペソ連動コイン発行の教訓

  4. ITを使わなければ企業は潰れる

  5. バブル弾けるアジア不動産、狙うべき不動産投資とは?

  6. 円暴落後に変革する次世代通貨システム

  7. ASEAN声明から見る世界のパワーバランス読み

  8. 金利上昇時代の隠された意図と対応策

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ