クルド自治政府の独立運動を阻止したい欧米

在イラクの米英大使や国連代表らは14日、
イラク北部クルド自治政府トップの
バルザニ議長と自治区内で会談。

25日に実施予定のイラクからの
独立の是非を問う住民投票の
延期を要請しました。

アメリカは民主化を推進していますが
クルド自治政府についてメディア主導。

クルドにまつわる裏事情について
横森がズバリ解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 落ちぶれる日本経済、日本人が生き残る術とは?

  2. 英EU離脱!裏勢力が死守したかった『ある』利権

  3. フィリピン:ペソ連動コイン発行の教訓

  4. 都市機能が停止した深セン!世界経済への深刻な影響とは?

  5. 世界3位の国際通貨となった人民元の未来

  6. 「5年以内に日本破綻」経済学巨匠が明言

  7. 新型コロナ危機後の世界…イスラエル歴史学者の予言とは?

  8. 子供を持ちたくない男性が急増しているワケ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ