インターネットで情報操作されている真の理由(ヒント:政府じゃないです)

インターネットは世界共通の
無限大の情報にアクセスできる!

より透明な社会になる!

と期待されていました。

ところが、中国やロシアなど政府が規制をかけ
世界最大の検索エンジンであるグーグル1社の
裁量によってアクセスできる情報が決まります。

もはや誰もが共通した情報にアクセスできる
ということではなくなってきましたが、
実は政府やグーグル以上に検閲をかける
人間がいることが判明しました。

ネット情報はごく限られた情報しか
アクセスできないように
実は操作されていたのです。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 香港の不動産バブル崩壊?金利上昇が与える影響 

  2. 慰安婦像の設置団体の『正体』

  3. 国務省幹部の辞職から読むトランプ政権の隠された狙い

  4. 「グーグル翻訳」で世界と仕事する方法

  5. 日本経済の限界はいつくるのか?

  6. 横森一輝が注目する唯一の仮想通貨

  7. ジョホールバルは廃墟化するのか?

  8. ビットコイン10万社受け入れ!仮想通貨の近未来とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ