官民の革新機構、ベンチャー投資8割失敗の現実

官民ファンドの産業革新機構は
ベンチャー投資のエグジット
(投資回収)案件の8割超で
損失を出していることわかりました。

「次世代の国富を担う産業創出」を掲げ、
民間で負えないリスク資金を注ぐが、
成果をほとんど出せていない
状況が浮き彫りになりました。

ベンチャー投資の経験もある
横森がベンチャー投資の難しさを語った。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 国務省幹部の辞職から読むトランプ政権の隠された狙い

  2. トルコ危機の真相 

  3. デキるやつほど起業する?大企業の見限った日本の若手エリートたち

  4. 覇権国家から凋落するトランプ大統領候補

  5. キャッシュレス社会 vs 低所得者層

  6. 「日本株爆買い」嵌められる日銀の運命

  7. EUデジタル通貨規制案の本当の狙い!最強の仮想通貨とは?

  8. 金融緩和を支持する日本人は愚民である

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ