日銀:賃貸住宅市場に異例の警鐘:隠された思惑とは?

「賃貸住宅市場が危ない」

日本の不動産市場について
常にネガティブな意見を
言って続けてきた横森。

日本の不動産で賃貸市場が
危ないと警鐘を鳴らすのは
横森だけではない。

日銀が地域経済報告で
不動産市場に対して異例の
警鐘を鳴らしました。

この異例の事態に横森は
日銀には『ある』思惑があると
裏読みしていました


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 産業用大麻を合法化! アメリカの未来

  2. ドイツ銀行破綻の新シナリオ

  3. アメリカ法人税、大減税の効果とは?

  4. 富裕層を完全把握する国税の包囲網

  5. 米大物投資家 仮想通貨マイニングに出資するワケ

  6. 世界のインフレに対応する日銀の財政破綻防止策 

  7. IT投資不足、AIビジネスに日本は乗り遅れる?

  8. 消費ではなく貯蓄に課税!日本の税制の近未来

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ