日銀:賃貸住宅市場に異例の警鐘:隠された思惑とは?

「賃貸住宅市場が危ない」

日本の不動産市場について
常にネガティブな意見を
言って続けてきた横森。

日本の不動産で賃貸市場が
危ないと警鐘を鳴らすのは
横森だけではない。

日銀が地域経済報告で
不動産市場に対して異例の
警鐘を鳴らしました。

この異例の事態に横森は
日銀には『ある』思惑があると
裏読みしていました


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. エボラ流行!コロナに代わるパンデミックシナリオ?

  2. なぜビル・ゲイツ氏は米国最大の農地保有者なのか

  3. ファイザーCEO「新V開発」100日に1回V接種社会へ

  4. トランプ政権の政策シナリオライター(実名付き)

  5. 香港とASEANのFTA締結がもたらすアジアの将来

  6. 中国は食糧難?日本にも襲う食糧危機の兆候

  7. 海外投資の判断基準とは?

  8. 【丸秘】この冬が危ない?仕手筋が仕掛ける原油相場シナリオ!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ