日銀:賃貸住宅市場に異例の警鐘:隠された思惑とは?

「賃貸住宅市場が危ない」

日本の不動産市場について
常にネガティブな意見を
言って続けてきた横森。

日本の不動産で賃貸市場が
危ないと警鐘を鳴らすのは
横森だけではない。

日銀が地域経済報告で
不動産市場に対して異例の
警鐘を鳴らしました。

この異例の事態に横森は
日銀には『ある』思惑があると
裏読みしていました


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. マイナンバー普及策と未来の国民管理体制

  2. アジアを動かす『ある』団体の正体

  3. 金利上昇時代の隠された意図と対応策

  4. 国も未来を予測する方法

  5. 地震発生メカニズムの新仮説に注目すべき理由

  6. 世界が中国を敵国とする理由!反グローバル化の近未来予想

  7. 「先行き不安」でタンス預金する馬鹿げた富裕層

  8. 次期CIA長官から見るトランプ政権の方向性

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ