『脱時間給』法案:将来求められる人材像とは?

政府は労働時間でなく成果に基づき賃金を払う
「脱時間給」制度(ホワイトカラー・エグゼンプション)
について、連合の提案をもとに現行案を修正。

年104日以上の休日確保を企業に義務付け、
労働時間の上限設定や連続休暇の取得を
労使で決める仕組みとするそうです。

この『脱時給』がもたらす法整備は
将来の求められる人材像が
見えてきます。

あなたが将来、必要とされる
人材像とは一体何か?

横森が詳しく解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. アメリカが同性愛者を擁護する隠された秘密

  2. 忍び寄るインフレの恐怖

  3. 日本魂を忘れるな!

  4. ブロックチェーン人材の求人数で見える仮想通貨の未来

  5. 日本は資本主義の終焉モデル

  6. 米大物投資家 仮想通貨マイニングに出資するワケ

  7. 2020年どうなる? 通貨!

  8. 不良債権処理を始めた地方銀行の時限爆弾

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ