日本の医師の半数『医療崩壊する』

すべての国民が公的な医療保険に加入している
現在の国民皆保険について、医師の半数が
「維持できない」と考えていることが、
日本経済新聞社の調査でわかりました。

高齢化社会を迎える日本は2025年には
国民医療費は54兆円に達する見込み。

税収が医療費に達する社会で
日本の医療は『持続不能』と
みてなんらおかしくない。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 安倍首相のゴルフ外交、『親密』日米関係の行方

  2. 世界経済に影響を与える中国の政策変更

  3. 子供達の夢「ユーチューバー」のススメ 

  4. フィリピンビジネスは狙い目?日系企業が増加中!

  5. 中国が米企業に報復しない痛い理由…米中戦争の開戦は延期?

  6. 究極の監視社会の未来像 

  7. 「先行き不安」でタンス預金する馬鹿げた富裕層

  8. ワ●チン経済圏構築!アフリカのV接種率3%の理由

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ