日本の医師の半数『医療崩壊する』

すべての国民が公的な医療保険に加入している
現在の国民皆保険について、医師の半数が
「維持できない」と考えていることが、
日本経済新聞社の調査でわかりました。

高齢化社会を迎える日本は2025年には
国民医療費は54兆円に達する見込み。

税収が医療費に達する社会で
日本の医療は『持続不能』と
みてなんらおかしくない。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 【サバイバル】倒産急増の観光地を買うべき理由

  2. トランプ大統領がアマゾンを口撃する裏事情

  3. ドイツ銀行破綻の新シナリオ

  4. 賃金上昇に変化、インフレの日は近い日本

  5. 期待されるフィリピンの未来

  6. 「ビットコインは消える?」富裕層がネガティブ発言をする意外な裏事情&#…

  7. 稼ぐ女性ほど結婚できない現実

  8. 留学渡航先5位になったフィリピン、海外留学のススメ 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ