石油業界の「勝者」「敗者」で見極める世界支配構造

この3年で原油価格の下落によって
石油業界は大きく変わりました。

原油安は石油業界全体に打撃だが、
大手にとっては体力が弱った中堅以下を買収し
次の原油価格上昇局面に備える好機です。

この石油業界の再編成の構図を
興味深い情報が日経新聞に
掲載され呈した。

『勝者』、『敗者』で分析すると
世の中がどのように動かされているか、
一目瞭然でした


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 都市機能が停止した深セン!世界経済への深刻な影響とは?

  2. 人工知能時代でも勝ち残る職種

  3. 次世代のグローバル化ビジネスとは? 

  4. ワンルーム投資の隠された落とし穴

  5. トルコが第3次世界大戦へと駆り立てる危険な内情

  6. 貿易金融の資金ショートが世界不況をもたらすワケ

  7. FRBの方針でゴールドが値上がりしない理由

  8. 東南アジア不動産:着目するターゲット層の変化! 

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • ラスカル
    • 2017年 6月 16日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ