日本が海外から投資されるための条件

伝説投資家ウォーレンバフェットは
企業に投資をする際、ROE
(自己資本利益率)を重視します。

米企業の平均ROEは12~15%に対し
日本上場企業の半数はROEが0~7%
と収益性は低いです。

日本企業が低ROEの理由と
収益性を改善させるために
鍵となるポイントをズバリ解説!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 地銀が活用する私募投信のメリットとは? 

  2. 西側諸国に接近するインド外交にまつわる裏話

  3. アメリカでTikTokが禁止される裏事情…分断された情報統…

  4. 『脱時間給』法案:将来求められる人材像とは?

  5. 20年以内に日本の労働人口の半分が人工知能に奪われる100職業

  6. 国際刑事裁の脱退、フィリピン外交の行方

  7. 流行っている『民白』稼ぐ落とし穴

  8. 世界支配層に反旗を翻すフィリピンの行方

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • ラスカル
    • 2017年 5月 30日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2017年 5月 30日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ