米法人税大減税はアメリカ経済に幸運をもたらすのか?

トランプ米政権は大型税制改革の
基本方針を公表。

連邦法人税率を35%から15%へと
大幅に下げることが柱で
「過去最大の減税案」
となるそうです。

日本と同様、アメリカの財源も
苦しいため実現は難航すると
思われます。

もし実現すればアメリカ経済は
プラスかマイナスか?

横森がズバリ解説!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 留学のススメ

  2. TwitterとFacebookこそが社会混乱の元凶?プロレス団体に都…

  3. 4分の1がマイナス金利となる債券バブルの行く末とは?

  4. 日本経済の限界はいつくるのか?

  5. 日本魂を忘れるな!

  6. 消費ではなく貯蓄に課税!日本の税制の近未来

  7. 海外勢の日本国債保有、過去最高!外資資金調達の裏側

  8. 未来を担う2つのプロレス団体系仮想通貨

コメント

  • コメント (6)

  • トラックバックは利用できません。

    • ラスカル
    • 2017年 5月 11日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2017年 5月 11日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2017年 5月 11日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2017年 5月 11日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2017年 5月 11日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • flashstar
    • 2017年 5月 11日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ