質問881 日本財政破綻論 vs 財政健全論の違いとは?

【質問】政府と日銀は親会社と子会社、連結決算、統合政府、最近この論をよくみますが、その解説とご意見を伺いたいと思います。

質問881 日本財政破綻論 vs 財政健全論の違いとは?

音声ダウンロード(MP3) [4月14日収録]

 

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

関連記事

  1. 質問1005 分譲マンション地震保険のリスクとは?

  2. 質問837 金融緩和量から為替を示すソロスチャートは有効か?

  3. 【緊急セミナー】2020年世界経済が崩壊!大恐慌がはじまるこれだけの理…

  4. 質問882 インフレで得するのはどっち? 金持ちか貧乏人か?

  5. 質問1080 香港デモの真相を教えて下さい

  6. 質問814 中国は世界一の経済大国になれるのか?

  7. 質問861 日本を財政破綻させない方法

  8. 質問991 低収入者にとっての社会貢献への考え方

コメント

  • コメント (8)

  • トラックバックは利用できません。

    • ラスカル
    • 2017年 4月 24日

    でも日本政府の借金って、公務員の人件費とか、医療費とか、公共事業に使われているから、それらの仕事の給与とかはまた預金されてグルグル回ってんだよね。放蕩息子が他でムダ遣いしている借金とは違う。そこを考えないと、いきなりハイパーインフレがもうすぐやってくると勘違いしてしまうんだ。

     だから「借金1000兆円を一気に全額返済しろ!」とかいうことはないから、インフレは徐々に進行していく。(これが他国の借金のように、ドルで借金していると、一気に全額を返済しろ!ってなる)問題は世界中が戦争になるなどの予定外の事態が発生することなんだ。だから「来年は日銀が打つ手なしでハイパーインフレ」とか言っているのを聞くと、ちゃんちゃら可笑しくなるわ。

     物価が1.5倍とか2倍とかが1~2年単位で進行すれば、国民の生活は相当苦しくなるが、それでも経済活動は残るし、電車やバスは動くし、スーパーで卵や野菜は買える。ただ公務員や医療・福祉、公共事業の予算は一気に削減ですわな。

     トルコの財政破綻がまさに、このジワジワインフレでしたわ。物価が2倍、3倍になっていっても、それは年単位の話だから、苦しいながらも経済活動はこれで何年も回ってきた。

     だから2021年頃までは一生懸命に働いて、円預金でコツコツ貯めて、そのうち多分できるであろう横森新ファンドにでも投資しろや。

    • ラスカル
    • 2017年 4月 24日

    日本が破綻するとだな、たぶんサラリーマンのような給与所得の仕事なんか激減するはずだぞ。みんなが個人事業主のような形で、自分で何らかの生産活動を行なって、自分で生活費を稼がなければいけなくなる。今の韓国の40歳以上の人たちが味わっている生活スタイルやな。

     自分の労働力を売ってやる仕事なんて、安い時給のアルバイトしかなくなりますわ。サラリーマンは若くて超偏差値の高い、スーパーエリートだけがなれる様な仕事になりまっせ。

     だから超有能な人が「早くハイパーインフレになって、俺の時代が来ないかな」とか日本破綻を楽しみ待っているのならわかるんだが、そもそも超有能な人は、ハイパーインフレなんか来なくても、平常時においてもそれなりの仕事をして稼いでいるはずだから、あえて日本破綻なんか楽しみ待っている必要性なんかないんだよね。

     だから日本破綻を楽しみに待っている人たちのほとんどが、無能な底辺層。そんな奴らが日本破綻後に自力で金を稼げるとも思えないんだが、オツムの中がお花畑なもんだから、日本が破綻すれば自分の人生がリセットできると思い込んでいる。

    • ラスカル
    • 2017年 4月 24日

    オイラはイザとなったら、占い師にでもなりますわ。人気の占い師なるコツは、いかに相手が望んでいる答えを「占った結果として」言ってあげるかなのよ。まあ多くの鑑定をしていれば、だいたい1%位の顧客は偶然の産物で、占った結果の人生が訪れるはずだから、勝手に「当たった」と喜んでくれますわ。その「当たった」と勘違いしてくれている顧客に体験談を書かせて、ホームページにいくつも体験談を掲載して、自分で「凄くよく当たると評判のラスカルちゃん占い」と書けば、ウハウハですわ。たぶん死後は地獄に落ちるけどな。

     オイラみたいに本当の占術が読めるようになると、これを商売にしようとは思わなくなるわ。顧客が可哀そうすぎて、たぶん本当のことが言えない。解決策はあるのだが、それを実行できる精神力や現実社会能力がなさすぎる。

    • ラスカル
    • 2017年 4月 24日

    女性の占い顧客の相談内容なんか、決まってますわ。独身ならば恋愛・結婚。既婚者ならば夫の浮気や離婚相談と子供のこと。

     だいたいね、男女でもモテモテなのは昇華・解消しなければならない因縁がいっぱいある人なのよ。前世で大したカルマ(因縁)を作っていない人は、あまりモテない。男女でもモテモテの人って、恋愛・結婚・結婚後の家庭、子供の健康、仕事などがグチャグチャの波乱万丈ばかりですわ。昇華すべき因縁が多すぎて、モテモテ。婚姻中も離婚後も、すぐにまた違う異性とすぐにくっつく。子連れシングルマザーになっても、男なら多額の養育費があっても、なぜかすぐにまた結婚できて、すぐに子供ができる。それで子供が成長すれば、今度はその子供との仲が悪くなるか、逆に子供が精神的におかしくなるかのどれか。

     若い時はモテモテの人って羨ましかったけれども、今では「可哀そう」って思うわ。

    • ラスカル
    • 2017年 4月 24日

    恋愛結婚なんて、人生で苦労する相手としか相思相愛の恋愛感情なんか起こらない。配偶者で苦労するのか、義理の親で苦労するのか、子供で苦労するのか、金銭的問題で苦労するのかは人それぞれだが、とにかくお互いの苦労のテーマが同じ因縁を持った者どうしが、恋愛感情を惹起させられる。

     もし何の苦労も起きないまま、幸福の状態が続けば、どちらかの配偶者が病気か事故で早死にしますわ。

    • ラスカル
    • 2017年 4月 28日

    【Yahoo!知恵袋より】

     因果因縁について。

     小さい頃に母親から聞かされた先祖代々の話しです。当時はそうなんだっていう気持ちで聞いていました。

     女好きの女遊びが酷すぎるお金持ちの男がいました。うちの家系の女性がその人の 愛人で、大変キレイな人だったそうです。ある日その関係を本妻に知られ、呪われたそうです。呪いの内容は、うちの家系で生まれた女性は、いい縁ができないそうです。

     お母さんの話だと、わたしのおばあちゃんは(愛人になった女性とは別)大変キレイだそうで、住んでいた村で農民をしていましたが、農民とは思えないほど肌が真っ白で目も大きく、髪の毛は天然パーマが少しかかった洋人形のような顔立ちで、モテていたそうですが、三回結婚しているうちに全員と別れました。なので兄弟全員父親が違うそうです。

     そんなわたしの母親もその血を受け継いで、小学生の時から、何かとうちの母はナンパされてるのをみかけます。彼氏がいない期間がないほど、いつも男がいますが、やっぱり現在もシングルマザーのままです。わたしとしては、はやく女としての幸せを願っているので、再婚して幸せになって欲しいですが、結婚する雰囲気もないし、二回離婚しています。こちらも兄弟全員父親が違うそうです。

     そんなわたしも街を歩けば毎日毎日ナンパにあいます。ですが付き合った男性はというと、経験人数少ないので立証できるほどではないですが…いい人がいても急に連絡が途絶えて消息不明になったり、凄くタイプで付き合ったら、DVの仕事しない男でした。

     小さい頃よくおばあちゃんに頭を撫でられ、どうかこの子が救われますように、もう終わってますようにと唱えてる(祈ってる?)のを思い出します。子どもだったので、あまり意味がわからなかったのです。

     こういう先祖の悪さとかって、無関係な子孫が払うもんなんですかこれを避ける方法って、心の持ちよう以外に、具体的にどう動けばいいんでしょうか?下手に相談すると、なんかお金とられ詐欺されそうで怖いです。

     同じような人がいたら、どういう対処をしたか、体験談も交えていただければ嬉しいです、よろしくお願いします。

    【補足】

     たくさんの回答ありがとうございます。

     昨年からですが、マナーやコミュニケーションについて勉強をしています。ダンスもやっています。それと尻軽の勘違い女と言っている方がいますが、ナンパの他にスカウトもよくされます、おかげさまでモデルとしての仕事をいただきました。自分で努力したことを、妬まれる筋合いはありません。そしていままでに付き合った男性も、本当に好きだった人です。ナンパもついていったことがありません。

    • ラスカル
    • 2017年 4月 28日

    これが典型的なモテモテ、悪因縁てんこ盛りの人の人生なんやで。www

    • kurotetu
    • 2017年 5月 04日

    > 因果因縁について。
    人生イコール罰ゲーム?
    みたいな。。。
    みなし家畜のライフサイクル

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ