トランプ政権の軍事戦略:真の目的とは?

アサド政権の化学兵器使用に対抗措置
としてアメリカはシリアを空爆しましたが
アフガニスタンにも超大型爆弾を使用しました。

トランプ政権の過激さが日々増していますが
アメリカの軍事戦略の真の目的とは?

トランプ政権の軍事戦略:真の目的とは?

音声ダウンロード(MP3) [4月14日収録]

米、北朝鮮も威圧 アフガンに超大型爆弾、3つの狙い

2017/4/14 11:50日本経済新聞 電子版

 米軍がアフガニスタンにある過激派組織「イスラム国」(IS)の施設を破壊するため、大規模爆風爆弾(MOAB)「GBU―43B」を初めて実戦で使用した。地下施設を破壊するのに適したMOABをこのタイミングで使ったことは、挑発を続ける北朝鮮への威圧を含め、3つの狙いがあるとみられる。

 

 第一にシリア内戦への米国の介入についてバランスをとる狙いだ。米軍は化学兵器を使ったとしてシリアの軍施設を巡航ミサイルで攻撃したが、シリア内戦ではISも2015年にクルド人勢力にマスタードガスを使用したことが化学兵器禁止機関(OPCW)の調査で分かっている。シリア軍だけを攻撃しただけではバランスがとれないことから、同国のアサド政権や後ろ盾であるロシアに非難される口実を与えないようにする目的もあったようだ。

 第二に、現在対峙する北朝鮮へのメッセージという意味合いがある。北朝鮮は従来、米軍の空爆を受けてもイラクやリビアの独裁政権のように倒されることがないよう「軍施設の地下化」を広範囲で進めてきた。米軍は、主要な北朝鮮の地下施設の入り口の場所をある程度、把握しているとみられ、北朝鮮側も有事に攻撃されるリスクは感じているはずだ。

 MOABは爆発時に発生する爆風が通常規模の航空機搭載型爆弾とは桁違いで、これで攻撃されると地下深くにまで衝撃波が及ぶ。単に地下施設内の兵器が破壊されるだけでなく、中にいる兵士の脳が激しく損傷を受けて戦えない状態になる。北朝鮮軍に厭戦(えんせん)気分を広げようとする米軍の意図も感じられる。

 第三の目的は、実戦使用によって実験では得られない様々なデータを得ることだ。同じMOABでも投下の仕方、爆発のさせ方、使用環境などで威力は異なる。トランプ政権は、空母派遣も含む各種の軍事的威圧で北朝鮮を対話に引き出せればよし、それがだめならば、攻撃という二段構えの姿勢でいる。今回の使用はそれに向けた予行演習でもあり、単なる威嚇とみるべきではないだろう。

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

関連記事

  1. 質問852 ビットコインのような暗号通貨は資産保全になるのか?

  2. 第266回収録 ロシア軍 シリア撤退

  3. 質問867 高額紙幣廃止はタンス預金の炙り出し政策

  4. 質問909 イスラム反政府勢力のミンダナオ島紛争:フィリピン経済に影響…

  5. 第427回 世界で始まるワクチン強制摂取…真の目的とは?

  6. 質問747 サウジアラビアが暴落させた原油価格は今後どうなるか?

  7. 質問1044 仮想通貨交換所の海外口座開設

  8. 質問872 サウジ原油減産でも価格下落は継続するか?

コメント

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • ラスカル
    • 2017年 4月 17日

    【埼玉で人並みの生活、月収50万円必要 県労連が調査 】
    (2017年4月17日:朝日新聞)

     埼玉県内で人並みに暮らすには月約50万円の収入が必要で、子供が大学に入ると支出が急に増え、奨学金がないと成り立たないとする調査結果を、県労働組合連合会(埼労連)と有識者がまとめた。「賃金の底上げとともに、教育や住宅の負担を下げる政策が必要」と指摘している。

     調査は、昼食を食べる場所や日ごろの買い物の場所や支出など、日常生活でのお金の使い方を聞く「生活実態調査」と、生活に必要な持ち物を聞く「持ち物財調査」のアンケートを、昨年1月に埼労連の組合員など3千人に依頼し、3カ月で597人(有効回答率約20%)が答えた。

     その分析で、回答者の7割以上が持つ物を「必需品」とし、それを持つ生活を「普通の生活」と定義。回答者がよく買い物をしている店などで実際の価格も調べた。

     こうした積算で、次の各モデルの結果が出た。いずれも夫は正社員で妻はパート勤務、車はない設定。

     【30代夫婦で小学生と幼稚園児】

     さいたま市郊外で月5万5千円の賃貸住宅(2LDK、約43平米)で暮らす1カ月の生活費は▽食費約10万8千円▽交通・通信費約3万8千円▽教育費約2万7千円などの計約43万円となった。

     たとえば洗濯機は約6万円のものを国税庁の決まりをもとに耐用年数を6年として割り算し、月額を836円とするなどして、家具・家事用品の月額負担は1万8356円と積算した。

     08年の前回調査と比べ、教育費と教養娯楽費が合計で3万円近く増えたほか、交通・通信費も1万円余り増えるなど、約6万8千円増えた。この支出のためには、税や社会保険料を加えた額面で、約50万円の月収(年収約599万円)が必要だ。しかし、厚生労働省の調査によると埼玉県内の30代男性の平均年収は約411万円と、200万円近い開きがある。

     【40代で中学生と小学生】

     30代より食費と教育費がそれぞれ約1万円増える一方、教養娯楽費は約1万3千円減るなどした結果、額面の月収は約54万円(年収約647万円)が必要。平均の485万円との差は少し縮まる。

     【50代で大学生と高校生】

     東京の私大に通わせる前提で▽教育費が40代よりも約9万円多い約13万円▽交通・通信費も同1万1千円多い約5万円と大きく増える。教養娯楽費を30代より1万7千円余り少ない約2万8千円に抑えるが、全体の支出は約58万円で、税などを加えた額面は約68万円(年収約821万円)と、平均の545万円を276万円上回る。

     調査をまとめた静岡県立大学短期大学部の中沢秀一准教授は「妻のパートでは足りず、子供は奨学金を借りる。無償の奨学金や住宅補助の制度を充実させないと子供の将来はさらに厳しい」と指摘している。

    • ラスカル
    • 2017年 4月 17日

    埼玉県だけでなく神奈川・千葉・東京多摩も同じようなもんやろ。都心を除く首都圏で『人並み??ww』の生活に、30代で年収600万円、40代で年収650万円、50代で年収820万円が必要って、おいおい、人並みの定義自体がおかしいんじゃね~のか?

     オイラが経験した昭和40~60年の高度成長期なんか、人並み以下じゃん。兄弟でのテレビのチャンネル争い、汲み取り式便所、クーラーなし、黒電話を引いている家は金持ち扱い。これが当時では普通の人並み。www

     金がないんなら、奨学金を借りてまで私立大学文系学部なんか行くこと自体、アホですわ。ラスカル医院の道路沿い野立て看板を作ってくれた社長は、オイラと同い年なんだが、東北出身で中学を卒業したら、高校へ行かずに働くもんだと親から言われていて、東京の零細工場に就職した。

     就職して1年後に『定時制高校に行きたいけど、4時に仕事を終えないと無理だから、辞めたい』と社長に言ったら、『4時に仕事が終わればいいんだな』と言われて、引き留めにあったらしい。やっぱ真面目で使える従業員は、引き留められるんだねぇ~。それで毎日早めに仕事を上がらせてもらって、さらに4年間その職場で働いて、定時制高校を卒業したらしい。

     その後は働きながら、私立の理系大学を卒業して、看板広告の会社に勤めて、ノウハウと業界人脈を作って独立起業した。

     何で『最初にいくら必要か?』から、思考がスタートするのかわからんよ。個々人で置かれた環境なんて千差万別なんだから、まずは『自分の置かれた環境で、何ができるか?』から思考が始まらなきゃおかしいだろ。

     貧乏人は借金してまで、4流私立大学文系学部なんか行くなよ。

    • kurotetu
    • 2017年 4月 17日

    >【埼玉で人並みの生活、月収50万円必要 県労連が調査 】
    >(2017年4月17日:朝日新聞)
    医者や教職者・公務員といった高所得者層〜自称インテリへ向けたプロパガンダという見立てはいかがでしょう。
    つまりは格差維持拡大のための政策提言という。。。
    朝日新聞の購読者層が透けて見える?

    • ラスカル
    • 2017年 4月 17日

    >朝日新聞の購読者層

    www

     まあ横森さんに、朝日新聞と高橋洋一と左ウイングの話題を振ると、ラスカルさんを超える毒舌になるからなぁ~。

    • ラスカル
    • 2017年 4月 17日

    >無償の奨学金や住宅補助の制度を充実させないと子供の将来はさらに厳しい」と指摘している。

     やっぱこれが言いたいのか。さすがは朝日新聞。www

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ