サウジアラビアが最も恐れるシナリオとは?

先月、サウジアラビアの国王が訪日しました。

1000名を超える随行者、
400台に及ぶハイヤー借り上げ、
都心ホテル・百貨店の特需

などが大きな話題になりました。

サウジアラビアの経済改革など精力的に
アジアに対して投資活動を行なっています。

豊富な資源から外貨を稼ぐサウジアラビアですが
実は石油枯渇よりもサウジアラビアが最も
恐れている事態がありました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 国債先物取引:海外勢54%、海外投資家の真の狙いとは?

  2. 香港とASEANのFTA締結がもたらすアジアの将来

  3. 米韓、駐留経費交渉の行方

  4. 日本人がプライバシーを失う日

  5. 投資信託の押し売り禁止!

  6. 急成長する仮想通貨の貸出ビジネス

  7. インデックスファンドの落とし穴

  8. 波乱の資本主義社会への近未来予測

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ