国が狙う休眠預金の没収

金融機関では毎年、約1000億円の
休眠預金が発生しているそうです。

休眠預金とは預金者に連絡がつかない
状態の口座のことで、通常はその
休眠預金は金融機関の利益になります。

ところが

最終的に年間500~600億円が
金融機関の利益になっていたという。

国は休眠預金活用法が成立し、
休眠預金を公益活動に
充てられるようになったそうです。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. ブレグジットで大揺れ!イギリスとEUが襲う混乱とは?

  2. 2万を越えた限界集落..過疎地域が日本を滅ぼす?

  3. 日本3大リスクは回避不可能か?

  4. 急増する空き家と日本の未来

  5. 「フィリピン経済は崩壊寸前です」現地報告と問題点を解説!

  6. 急成長する仮想通貨の貸出ビジネス

  7. イスラエルとバーレン国交正常化の裏事情とは?中東情勢のプロレス解説

  8. インド タンス預金の焙りだし政策

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ