国が狙う休眠預金の没収

金融機関では毎年、約1000億円の
休眠預金が発生しているそうです。

休眠預金とは預金者に連絡がつかない
状態の口座のことで、通常はその
休眠預金は金融機関の利益になります。

ところが

最終的に年間500~600億円が
金融機関の利益になっていたという。

国は休眠預金活用法が成立し、
休眠預金を公益活動に
充てられるようになったそうです。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. イスラエルとバーレン国交正常化の裏事情とは?中東情勢のプロレス解説

  2. 中間選挙がもたらすアメリカ政治の変化とは? 

  3. だまされてはいけない!大損する金融プロのアドバイス

  4. 世界のキャッシュレス化から見る通貨の未来

  5. 中国人富裕層、2つの金持ちとは?

  6. 海外隠し資産、国税への正しい対処法

  7. 政府デジタル化推進によって起こる超管理社会…あなたはどう生…

  8. 仮想通貨CMを全米放送!暗号資産の展望とは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ