国が狙う休眠預金の没収

金融機関では毎年、約1000億円の
休眠預金が発生しているそうです。

休眠預金とは預金者に連絡がつかない
状態の口座のことで、通常はその
休眠預金は金融機関の利益になります。

ところが

最終的に年間500~600億円が
金融機関の利益になっていたという。

国は休眠預金活用法が成立し、
休眠預金を公益活動に
充てられるようになったそうです。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. バイデン大統領、大スキャンダルで来年早々に辞任か!?

  2. 西側諸国に接近するインド外交にまつわる裏話

  3. 「ビットコインは地球に悪影響」(ビル・ゲイツ)

  4. 石油メジャー:石油取引ブロックチェーン連合の結成の意味!

  5. 量子コンピューターは仮想通貨を崩壊させるのか?

  6. 1万円廃止論の裏側

  7. メキシコ大規模ストライキを仕掛ける裏勢力

  8. 海外日本食ブームで成功できる!に要注意です

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ