日銀、物価上昇率2%の『偽』目標

日銀の黒田東彦総裁が量的・質的金融緩和
を導入し日本を慢性的なデフレから
脱却させることを期待されていました。

しかしながら、目標の物価上昇率2%
は未だに達成の見込みはありません。

なぜなのか?それは黒田総裁はもともと
インフレ目標など達成してはいけないと
考えいたからなのだと推測します。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 香港の不動産バブル崩壊?金利上昇が与える影響 

  2. 成功する投資先を一発で見分ける方法

  3. 神がかり経営、孫正義の成功の秘密

  4. 韓国で「輸出」16.6%減少!間近に迫る韓国破綻タイミング

  5. 総裁選の結果次第で株価に1万円以上の差か。期待感で株高円高

  6. どうなる2019年!? 日本

  7. 『同一労働同一賃金制度』で格差が広がる?

  8. 世界のキャッシュレス化から見る通貨の未来

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ