日銀、物価上昇率2%の『偽』目標

日銀の黒田東彦総裁が量的・質的金融緩和
を導入し日本を慢性的なデフレから
脱却させることを期待されていました。

しかしながら、目標の物価上昇率2%
は未だに達成の見込みはありません。

なぜなのか?それは黒田総裁はもともと
インフレ目標など達成してはいけないと
考えいたからなのだと推測します。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 高成長が期待できるインド:現地の生情報

  2. 日本もVパスポート導入へ!打たないと生活できなくなる?

  3. イラン通貨、1万分の1デノミ法可決!日本の未来は?

  4. 仮想通貨投資を推奨する米年金コンサル企業

  5. リースが消える?中小企業大打撃の訳

  6. イスラエル「イラン軍拠点を空爆」の裏事情

  7. 金融機関の連鎖破綻?異次元緩和の副作用

  8. 貿易金融の資金ショートが世界不況をもたらすワケ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ