質問869 暗号通貨の未来像

【質問】日銀が欧州中央銀行とデジタル通貨の研究開発している事、ビットコインをお金として認可したこと。又オリンピックに向かってビットコインを使えるATMのインフラ整備を促進。最近中国中央銀行がデジタ通貨を採用と発表。ブロックェーン技術とAIで金融の世界が大きく変貌しようとしております。国、銀行、企業発行の暗号通貨の時代が到来で一般庶民の知らない裏で何が起こり、変わろうとしているのでしょうか?

質問869 暗号通貨の未来像

音声ダウンロード(MP3) [3月6日収録]

 

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

関連記事

  1. 質問1191 2021年はインフレか、デフレのどっちになるのか?

  2. 第275回収録 G7サミット GDPからみる世界の影響力

  3. 質問777 日本のマイナス金利、アメリカ利上げなのに、なぜ円高?

  4. 第372回収録 誰もあなたを助けない!

  5. 第400回収録 日本破綻から延命へ裏シナリオの転換点

  6. 質問1082 逆イールドは経済破綻の兆候?

  7. 質問947 ヨーロッパ発の金融危機は起きるのか?

  8. 第468回収録 イスラエルで第三神殿が建てられる日…終末予…

コメント

  • コメント (4)

  • トラックバックは利用できません。

    • ラスカル
    • 2017年 3月 14日

    【地獄の「あいりん地区」で覚える投資術 ジャンキーどもの逆を行け】
    (マネーボイス:2017年3月14日 )

    大阪・西成のあいりん地区では、資本主義から落ちこぼれた男たちが、為す術なく絶望のまま暮らしている。それでも、このドヤ街が資本主義で成り立っていることに違いはない。

    《売人になるか?中毒者になるか?資本主義とはそういうことだ》

    西成・あいりん地区という「どん底」

     職業安定所と言えば、普通は「仕事を見つける場所」なのだが、大阪の貧困地区である西成区萩之茶屋の「あいりん労働公共職業安定所」は、仕事にあぶれた人がビニールシートを敷いて寝る場所になっている。

     この職業安定所は二階に上がると、本当に何もないただっぴろい空間で、そこにも大勢のホームレスが寝ている。

     日本広しと言えども、ホームレスが何十人も寝ている職業安定所というのは、この「あいりん労働公共職業安定所」くらいなものだろう。

     大阪でホームレスやホームレス寸前の労働者たちが集まり、生活保護費を人権屋や悪徳NGOやヤクザや簡易宿泊所の経営者に搾取されながら暮らしている高齢労働者が数十万人もいる世界は、言ってみれば「資本主義のどん底」である。

     資本主義からこぼれ落ち、定職もなければ住所もなくなった男たちが、為す術もなくここにこぼれ落ちて絶望のまま暮らしている。

     しかし、このドヤ街もまた「資本主義」で成り立っているというのは変わらない。ドヤ街にも多くの店があり、たくさんの人が文字通り「なけなしの金」をはたいている。

     では、金のない労働者が集まる場所で、繁盛している店は何だったのか。

    何も持たない人間が、命綱の金を払ってでも欲しいもの

     「なけなしの金」というのは、「あるのかないのか分からないほど小さな金」という意味だ。金のない人間にとって、小さな金というのは命綱である。その金がなくなってしまえば、もう何もない。

     だから常識的に考えれば、今の何も持たない自分にとって最も重要なものにそれを使うのが当然であると私たちは考える。しかし、あいりん地区に沈没している人々を見ていると、どうもそうなっていないことに気付く。

     それは、この資本主義に落ちぶれた人間たちの集まる場所で、最も繁盛している店を見れば分かる。

     それは、「居酒屋」なのである。

     この街には、カウンターだけの10人も人が入れば満杯になる小さな個人商店の居酒屋が、商店街にも街にも至るところに林立している。

     そして、仕事にあぶれた労働者が「なけなしの金」をはたいて朝から酒を飲み、憂さ晴らしに昔の古めかしい歌を歌っている姿が見える。

     何も持たない人間が、持っている小さな命綱の金をはたいても欲するもの、それはアルコールだったのである。

     あいりん地区にはいくつかアーケード付きの商店街もあるのだが、そこにも居酒屋が建ち並んでいて、夕方にもなると、それぞれがいっせいに満員になる。

     最近は中国人経営者が中国人女性を使って労働者にアルコールを提供しており、中国人が日本人の労働者から「なけなしの金」を吸い上げている構図にもなっている。

     資本主義から転がり落ち、住む場所も食べる物も事欠く生活になっても、アルコールに金を費やすことだけはやめられないというのが、このあいりん地区の住民たちを見て分かる。

     そして、居酒屋以外にも目立つ店もある。それは何だったのか。

    アルコールとギャンブルの共通点とは何か?

     居酒屋と共に目立つ店。それは、パチンコ店である。

     あるいは、あいりん地区では、他の地区でとっくに下火になった卓上型のゲームセンターも現役で残っているし、他にも麻雀屋(雀荘)も普通に見かける。

     麻雀屋は繁盛しているようで、ひっきりなしに労働者が出入りし、店の外には従業員募集の張り紙までしていた。

     アルコールと共に労働者の「なけなしの金」を吸い上げているのは、ギャンブルの店だった。

     つまり、資本主義の世界で落ちこぼれて日本最大のドヤ街にまで転落した人たちは、その転落した世界でもアルコールとギャンブルに金を投じていたのである。

     アルコールとギャンブルの共通点とは何か。

     それは、両方とも「絶望を一時的に忘れさせてくれる存在」であるということである。
    彼らはもはや弱肉強食の資本主義で生き残ることに失敗し、自分がもう浮かばれないことを悟っている。資本主義は彼らにとって自分を虐げるための体制でしかない。

     その資本主義が続くというのは、まさに「絶望」が延々と続く地獄の世界なのである。
    だから、彼らは深い絶望から逃れるために、アルコールとギャンブルで絶望を一時的に忘れようとする。つらい世の中で、この2つは最後の最後まで彼らの慰みとなる。

     この慰みは依存を生み出して、さらなる転落の元凶になるのだが、仮にそうだとしても今さら小金を貯めて更正するような気力も既に失っている。

     「金を貯める」というのは資本主義の発想である。彼らはそこから蹴り出され、落ちこぼれたので「あいりん地区」という転落の場にいる。

     そのため、彼らには「すべてを失ったから貯金をする」という発想にはならない。それができていれば、そもそも最初からあいりん地区にいるはずがない。

    「資本主義に馴染めなかった彼らの逆をする」とは?

     では、転がり落ちた人間や何も持たない人間が、そこから這い上がるにはどうすればいいのか。

     それは、資本主義の中ですべてを失って、日本最大のドヤ街である「あいりん地区」に転がり落ちた人々を観察すれば、そこから自ずと正解が引き出せることになる。

     資本主義に馴染めなかった彼らの逆をすることが、資本主義の生き残りになるということだ。

     彼らの最大の欠点は、「なけなしの金」をアルコールとギャンブルに費やしてしまうということである。

     ついでに言うと、あいりん地区にはタバコ屋もまた繁盛しているのだが、そのどれもが、見返りがないどころか依存症になって死ぬまで金を吸い上げられる悪癖であるということだ。

     彼らはすでに資本主義社会でドロップアウトした状況になっている。しかし、資本主義そのものは彼らを狙いすまして、なけなしの金すらも奪っているのである。資本主義はどこまでも彼らを追いかけているのだ。

     だとすれば、資本主義の中で這い上がるには、まずはアルコールとギャンブルから身を引くのが良いという結論になる。絶望を忘れるためにこれらに溺れるものではなく、ましてそこに希望を見出すべきではない。

     ギャンブルをすることによって資本主義を生き残れるのであれば、朝から晩までギャンブルに身を費やしているあいりん地区の労働者はみんな資本主義の成功者となっている。

     彼らがそうなっていないというのであれば、それは資本主義の中で生きる上で良いソリューション(解決方法)ではないということなのである。

     こうした依存症を生み出すものから逃れて「小さな金を貯めていく」のが王道である。そして、それができればもうひとつ上がある。

    「依存症ビジネスへの投資」こそ、資本主義最強のサバイバル術だ

     他人を依存症にさせるビジネスは儲かっている。人生を破綻させても依存者はそれに金を使うからだ。アルコール、タバコ、ギャンブルに溺れた者はホームレスになっても溺れ続けて逃れられない。

     それならば、「依存症ビジネスに投資する」というのは、資本主義の中で行える究極のサバイバルにもなり得るということでもある。

     依存症ビジネスは、消費者が廃人になってもそれに貢がせる威力と脅威がある。嘘だと思うのであれば、あいりん地区に沈没している人々を観察してみればいい。

     徹底的に収奪する弱肉強食の資本主義の頂点にアルコール、タバコ、ギャンブル等の依存ビジネスがある。

     私はタバコ企業に投資しているが、これらの資金を引き揚げるつもりはまったくない。あいりん地区という資本主義のどん底の地獄を見て、私はよりその思いを強くしている。

     地獄で隠花植物のように咲いていたもの。それが依存症ビジネスだったのである。

    • ラスカル
    • 2017年 3月 14日

    >アルコールとギャンブルの共通点とは何か。
    >「絶望を一時的に忘れさせてくれる存在」である

     「もうすぐ日本は破綻するぞぉ~」論も、そういえば底辺層やアスペルガーコミュ障のとっては「絶望を一時的に忘れさせてくれる存在」でもある。

     だから日本破綻サイトはどこも大流行よ。でも閲覧者は貧乏だから商売にならんが。アフィリを貼り付けたところで、得られる金額は微々たるもんだし。

     以前は横森さんも小崎さんも、露骨に「もうすぐ(今年か来年あたり)破綻するぞぉ~」を連発していたが、毎年毎年、破綻しないで無事に過ぎていき、ラスカルさんにチクリチクリと毒舌ミサイルをぶち込まれて、最近は言わなくなったが。

     まあ貧乏無料会員が増えても、アクセスが稼げて検索上位になる以外にメリットないもんな。1万円のセミナー動画コンテンツをバラ売りした方が儲かりますがな。

     元々は経済倶楽部は底辺層のための「もうすぐ破綻するぞぉ~」で「絶望を一時的に忘れさせてくれる」依存症ビジネスだったもんな。

    • ラスカル
    • 2017年 3月 14日

    依存症ビジネスにでも投資すっかな。あるいは酒造メーカーの株でも買っとくか。

     よく考えたらAKBなどの秋元商法も、依存症ビジネスだわな。

    • ラスカル
    • 2017年 3月 14日

    占いもスピリチュアルセミナーやグッズ販売も、依存症ビジネスだわ。

     よく考えたらマリアコーポレーションの杉ちゃんは、ある意味すげ~わ。競馬予想ビジネス⇒スピリチュアルビジネス⇒少額投資詐欺(このマニュアルを読んでアフィリで稼げば、投資したのと同じ金額が稼げますという冊子を送りつけておしまい。3万円ボロ儲け。)⇒支給します詐欺⇒ファーストクラブ詐欺のノウハウを「日本破綻イーグルヒット」支給・支援します詐欺へ受け継ぐ。

     15年以上も前に依存症ビジネスに目をつけ、依存症ビジネスばっかりやってきたなんて、商売の王道ですやん。やはりキツネ顔は、キツネ霊が背後に憑いてんのかな。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ