中国大気汚染が世界インフレを招く

中国では近年、北部の都市を中心に深刻な大気汚染に見舞われています。

中国政府としても汚染対策として環境政策に積極的に取り組んでいるようです。

実はその中国での政策が、遠く離れたフィリピンの事業家、横森にも大きな影響がありました。

それは中国製の資材が手に入りにくくなりさらに悪いことに値上げされたそうです。中国大気汚染とインフレの奇妙な関係について横森が開設しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. クルド自治政府の独立運動を阻止したい欧米

  2. FRBの方針でゴールドが値上がりしない理由

  3. 合理的思考の20代若者と日本の暗い未来

  4. 日本の海外資産1000兆円、個人が海外に資産を逃す方法

  5. 新型コロナの世界経済崩壊!インフレかデフレか?

  6. 【裏話】なぜビットコインが採用されるのか?

  7. モルディブ大統領選で親中派敗北、どうなる中国への債務?

  8. 「夢のマイホーム」神話は無謀!

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • ラスカル
    • 2017年 3月 08日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2017年 3月 08日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ