中国大気汚染が世界インフレを招く

中国では近年、北部の都市を中心に深刻な大気汚染に見舞われています。

中国政府としても汚染対策として環境政策に積極的に取り組んでいるようです。

実はその中国での政策が、遠く離れたフィリピンの事業家、横森にも大きな影響がありました。

それは中国製の資材が手に入りにくくなりさらに悪いことに値上げされたそうです。中国大気汚染とインフレの奇妙な関係について横森が開設しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 世界の社債が9年ぶり安値!世界経済の火ダネ

  2. マイニング事業に投資するSBI北尾氏のビジョン

  3. 来るべき食料高騰の兆し?「収穫したくてもできない…」農業の実情

  4. 国が狙う休眠預金の没収

  5. 2020年中にデフォルトか?「禁じ手(国債直接購入)」に手を染めたアジ…

  6. 安倍首相のゴルフ外交、『親密』日米関係の行方

  7. 中国人富裕層、2つの金持ちとは?

  8. 年金に依存する国民は貧乏になる

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • ラスカル
    • 2017年 3月 08日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2017年 3月 08日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ