インド:不正資金取締の裏側

インド政府は、不正資金(ブラックマネー)の取り締まりをさらに強化する方針です。30万ルピー(約50万円)を超える現金取引を禁止し、違反した場合は受領者側に受け取った現金と同額の罰金を科すことになりました。

インドでは『裏金』の現金取引によって脱税をすることが当たり前なので、政府は本腰をいれて取り締まりに取り組んでいます。

このインドの不正資金取締には『ある』裏があり、次策についても横森が暴露しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 英EU離脱後のEU破綻シナリオとは?

  2. 「グーグル翻訳」で世界と仕事する方法

  3. 人工知能時代でも勝ち残る職種

  4. Amazonが日本で再生エネルギー産業に参入する意味とは?

  5. 人口減少するフランスが豊かになる搾取構造

  6. 「中国経済崩壊、秒読み」は本当か?

  7. インド タンス預金の焙りだし政策

  8. インフレが加速する!?最低法人税率導入か

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ