インド:不正資金取締の裏側

インド政府は、不正資金(ブラックマネー)の取り締まりをさらに強化する方針です。30万ルピー(約50万円)を超える現金取引を禁止し、違反した場合は受領者側に受け取った現金と同額の罰金を科すことになりました。

インドでは『裏金』の現金取引によって脱税をすることが当たり前なので、政府は本腰をいれて取り締まりに取り組んでいます。

このインドの不正資金取締には『ある』裏があり、次策についても横森が暴露しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 不良債権処理を始めた地方銀行の時限爆弾

  2. 安倍首相のゴルフ外交、『親密』日米関係の行方

  3. 次のパンデミックは想像を絶するものに!?散りばめられているヒント達

  4. 租税回避策の開示義務化で怪しい節税に要注意!

  5. 金とビットコイン同時急騰、どっちが投資対象?

  6. 中国は食糧難?日本にも襲う食糧危機の兆候

  7. 神がかり経営、孫正義の成功の秘密

  8. 国民年金改正法案を巡る与野党の茶番劇

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ