インド:不正資金取締の裏側

インド政府は、不正資金(ブラックマネー)の取り締まりをさらに強化する方針です。30万ルピー(約50万円)を超える現金取引を禁止し、違反した場合は受領者側に受け取った現金と同額の罰金を科すことになりました。

インドでは『裏金』の現金取引によって脱税をすることが当たり前なので、政府は本腰をいれて取り締まりに取り組んでいます。

このインドの不正資金取締には『ある』裏があり、次策についても横森が暴露しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 国際金融の新規制「バーゼル3」が世界経済に与える影響

  2. 最新!大手資産運用会社が参入するマイニング事業の未来!

  3. 消費ではなく貯蓄に課税!日本の税制の近未来

  4. どうなる日本の不動産?絶対に避けられない地価崩壊!

  5. あなたの海外資産は国税にすべて把握されています

  6. 米企業の国外資金への課税強化が為替に影響を与えるワケ

  7. 韓国崩壊シナリオ:密かに行われる仮想通貨への包囲網

  8. 年間220兆円の不法取引:金融界の未来

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ