あなたの海外資産は国税にすべて把握されています

2018年、各国の税務当局間で
口座情報を交換する仕組みが始まります。

『海外で資産を隠す』

という行為は絶対にせず
合法的にやるべきと横森は
主張しています。

というもの、ほぼ海外の資産は
国税に筒抜けという状況の中、
隠れてやる行為は恐ろしいほど
リスクがあるからです。

しかし、巷の専門家はいまだに

『バレない方法がある』

といって、顧客を釣っているようで
横森が思わず愚痴をこぼしました。

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 英EU離脱後のEU破綻シナリオとは?

  2. 本格的バブル崩壊のタイミング 世界経済は市場崩壊に耐えられるのか?

  3. 日本の『高齢者人口減少』時代の暗い未来

  4. 人工知能を活かせる人材になれるか?

  5. 恩返し精神を持てば自然に成功できる 

  6. 香港とASEANのFTA締結がもたらすアジアの将来

  7. 現代貨幣理論と南海トラフ地震の密かな関係

  8. バフェット流が通用しなくなったワケ

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ