低収入男性が最愛の女性を見つける『視点』

日本経済が衰退する中、国民所得も減少しています。

収入の格差が社会問題になっていますが、
それに伴い未婚率も増加しています。

女性の結婚条件として男性の収入を
重視する傾向にあります。

したがって、
男性の収入が低いほど
未婚の割合が増えるという残酷な現実があります。

しかし、横森は
結婚できないのは
日本の社会問題ではなく、未婚者の
考え方に問題を見ていました。

未婚者でも結婚相手を容易に見つける
結婚することができる『ある』視点を横森が解説!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 東南アジア最大規模のインドネシアが受けた経済打撃

  2. アジア世界最大の自由貿易圏の誕生の裏側(プロレス的に解説!)

  3. 「人生100年時代」の老後、考えていますか?

  4. コロナと戦わない日本に絶望…(でも戦わないことが真の希望)

  5. いつの間にか国有化された日本企業

  6. モンサントを買収して倒産危機に陥る製薬会社バイエルの悲劇!

  7. 究極の監視社会の未来像 

  8. 韓国崩壊シナリオ:密かに行われる仮想通貨への包囲網

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ