低収入男性が最愛の女性を見つける『視点』

日本経済が衰退する中、国民所得も減少しています。

収入の格差が社会問題になっていますが、
それに伴い未婚率も増加しています。

女性の結婚条件として男性の収入を
重視する傾向にあります。

したがって、
男性の収入が低いほど
未婚の割合が増えるという残酷な現実があります。

しかし、横森は
結婚できないのは
日本の社会問題ではなく、未婚者の
考え方に問題を見ていました。

未婚者でも結婚相手を容易に見つける
結婚することができる『ある』視点を横森が解説!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. なぜビル・ゲイツ氏は米国最大の農地保有者なのか

  2. 政情不安にさせる移民政策の裏

  3. 過去最大スキャンダル『パナマ文書』の秘密

  4. 経済特区に新規参入する成功法

  5. 緊急使用許可の新型コロナワクチン!本当の目的とプロレスの背景とは?

  6. 「日銀の死」がもたらす日本経済の最大リスク 

  7. 地政学リスクと石油相場の本当の関係性

  8. 意外に遅い日本の光通信速度、競争力落ちる日本の未来

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ