ビジネスで勝つ戦略の基本要素

英経済学者の長期推計によると、
世界の国内総生産(GDP)のうち、
アジアのシェアは、第1次世界大戦前の
1913年は25%だったが2003年には40%まで拡大。

成長するアジアの時代はなお続き、
2030年には53%まで高まるそうだ。

経済が拡大する場所
経済が縮小する場所

勝てる戦略の考え方を
横森が解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 仮想通貨の利益は雑所得に!本気をだす国税

  2. 政府デジタル化推進によって起こる超管理社会…あなたはどう生…

  3. 香港「逃亡犯条例」騒動の裏読み

  4. 年間2兆6000億円の損失する『赤字』都市とは?

  5. コロナ禍で住宅ローンは借りたほうが良いのか?

  6. 意外に遅い日本の光通信速度、競争力落ちる日本の未来

  7. TwitterとFacebookこそが社会混乱の元凶?プロレス団体に都…

  8. どうなる2019年!?米中関係

コメント

  • コメント (8)

  • トラックバックは利用できません。

    • ラスカル
    • 2017年 1月 06日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2017年 1月 06日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2017年 1月 06日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2017年 1月 06日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2017年 1月 06日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2017年 1月 06日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2017年 1月 06日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2017年 1月 06日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ