1946年の預金封鎖の現実

1946年、戦後間もないときに
資産家の富を奪う『預金封鎖』
が行われました。

日本政府の借金を高額資産家に対して
90%の課税をしたことで日本政府は
財政危機を乗り越えました。

逆にいうと、国民の富を奪い
日本政府を立て直しました。

その現実を漫画で振り返ることができます


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 本格的バブル崩壊のタイミング 世界経済は市場崩壊に耐えられるのか?

  2. イラン通貨、1万分の1デノミ法可決!日本の未来は?

  3. 米大統領選の激戦4州、テキサス州に猛反論 投票無効を求める訴訟で

  4. 適正にリスクを判断して保険で損しない方法

  5. 仕事への情熱を失った日本人が生き残る道 

  6. 2020年どうなる? 通貨!

  7. あなたの海外資産は国税にすべて把握されています

  8. 飲むmRNA!?遺伝子治療が当たり前の時代へmRNA

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ