1946年の預金封鎖の現実

1946年、戦後間もないときに
資産家の富を奪う『預金封鎖』
が行われました。

日本政府の借金を高額資産家に対して
90%の課税をしたことで日本政府は
財政危機を乗り越えました。

逆にいうと、国民の富を奪い
日本政府を立て直しました。

その現実を漫画で振り返ることができます


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 仮想通貨投資を推奨する米年金コンサル企業

  2. 日本の海外資産1000兆円、個人が海外に資産を逃す方法

  3. 海外投資の判断基準とは?

  4. 「先行き不安」でタンス預金する馬鹿げた富裕層

  5. 金よりビットコイン!米若い投資家が支持する仮想通貨の未来とは?

  6. ソフトランディング政策を解禁した中国の先行き

  7. 「5年以内に日本破綻」経済学巨匠が明言

  8. 円高の原因は『安全資産』という嘘!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ