国民年金改正法案を巡る与野党の茶番劇

日本の年金は2025年に原資がなくなるという現実を迎えます

『年金崩壊』

誰もが薄々感じていることです。

しかし、日本の政治家は与野党含めて

「制度の持続」
「受給者の不安を煽る」

などと主張し、未だに現実を受け入れられないようです。

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 2016年の世界経済を左右するたった一つのポイントとは?

  2. 『日本の借金1000兆円はやっぱりウソでした』はやっぱり嘘でした

  3. 【大恐慌対策】生き残り戦略としての「マイニング×農業」

  4. 外国人労働者受け入れで日本復活?

  5. 中国で洪水被害!穀物価格に注意!

  6. やりたいことを見つける自己発見法

  7. 年間220兆円の不法取引:金融界の未来

  8. 国民が飢え死にしようが関係ない!? 香港通貨利権を巡る英中の思惑

コメント

  • コメント (5)

  • トラックバックは利用できません。

    • ラスカル
    • 2016年 12月 08日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2016年 12月 09日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2016年 12月 09日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2016年 12月 13日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2016年 12月 13日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ