質問841 お金で1番難しい事は何ですか?

お金で1番難しい事は何ですか?

稼ぐ 使う 守る 貯める

 

質問841 お金で1番難しい事は何ですか?

音声ダウンロード(MP3) [11月25日収録]

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

関連記事

  1. 第409回 カルロス・ゴーン逃亡と監視社会

  2. 質問1004 ASICの需要減でマインング需要は落ち込んでいる? 

  3. 第374回収録 経済破綻ベネズエラ 仮想通貨が普及する訳

  4. 第391回収録 コンビニより優れているビジネス!

  5. 質問1038 アメリカ、中国どっちが発展する?

  6. 質問1149 500万人失業時代に人体で稼ぐ!?近未来のベーシッ…

  7. 質問812 アメリカの不動産は上がり続けるのか?

  8. 質問896 一万円札廃止論からみる通貨の未来とは?

コメント

  • コメント (8)

  • トラックバックは利用できません。

    • ラスカル
    • 2016年 12月 05日

     これ年齢という条件を考慮しなきゃアカンやろ。数学の入試問題で言う「≦40」とか「≦35」とかの条件やで。

     望めばそれなりに稼げるのは若いうちだけやで。安くても年齢で切られたり、採用してもらえなかったり、そもそも書類選考を突破できない。体力的にキツイ仕事は、採用されても長期勤務は無理やで。月収15~16万円の仕事でも採用してもらえないことなんて、いくらでもある。東北や北海道、沖縄なんか月給10万円なんかザラやで。路線バスの運転手でも月給16万円とかな。

     若いうちは残業をこなせば、それなりに貰えるところもあるが、それでも田舎はキツイで。

     稼げれば使う、貯める、守るとかを考えられるが、稼げなきゃそれ以前の問題やろ。

    • ラスカル
    • 2016年 12月 07日

    【彷徨う“未婚40代非正規”の鬱々たる現実】
    (日経ビジネスオンライン:2014年5月20日)

     非正規労働者の相対的貧困率は、若年男性(25~34歳)では23.3%と5人に1人であるのに対し、壮年男性(35歳~44歳)では3人に1人(31.5%)、配偶者のいない女性ではさらに増え、2人に1人(51.7%)に上ることがわかった――。

    (中略)

     まずは、前述した男性の状況から、お聞きください。

     「40過ぎて正社員採用してくれる会社ってないんです。募集要項には、そんなことは書いていない。でも、明らかに無理。何度、面接に行っても落とされる。連敗が続くと、『生きてる価値ないぞ』って言われているみたいで。そんな中で、『非正規でよければ、来ませんか?』って言ってくれたのが今の会社です。生活もかなり厳しくなっていたんで、お世話になることにしました」

     「やっぱり正社員になりたいですよ。でも、『あきらめるしかない』かなって。うん、あきらめるしかないなって。まるで底なし沼にいるようで。あがけばあがくほど、沈んでいく。そういう自分しかイメージできないんです。世の中、なんやかんやいっても仕事。40過ぎて、母親と2人暮らしで非正規だと、世間はまともな職につけない、どうしようもない『パラサイト中年』だっていう目で見ます。『しっかりしなさいよ』とか、『お母さんも心配してるぞ』とか周りから言われると、相当キツイ」

    「すると、だんだんと人と関わりたくなくなってくるんです。友だち? そんなものいません。 同級生にも会いたくないし、昔の会社の同僚とも連絡はとらない。人と会えば会うだけ、 他人が妬ましくなる。だから会わない。今は、母の面倒を見なければならないんで、なんとかなってますけど、 1人になったらヤバいです。さびしいとか、そういうんじゃなくて。孤独感というより、疎外感に近いかな。 すみません。暗い話で。ネガティブ過ぎて自分が怖いですよ」

    (中略)

    40前後の壮年非正規労働者の厳しすぎる状況は、 冒頭に取り上げた労働政策研究・研修機構が行った調査でも示されている。概略は、以下の通り。

    (1)年収について

     壮年正規労働者では、500~700万が最も多いのに対し(26.15%)、
    壮年非正規では、100~150万が20.7%と最も多かった。

    (2)世帯年収について

     若年層の7割近くが、家計維持者を「親」としたのに対し、 壮年層では58.2%が「自分」とした。そのため世帯年収は、壮年層の方が低かった。 男性に限ってみると、世帯年収が300万円以下の割合は、 若年層では3割であるのに対し、壮年層では5割だった。
     また、女性では、無配偶の壮年層の6割が、世帯年収が250万円以下で、最も経済的に困窮していた。
     非正規労働者の相対的貧困率は、 男性では、若年層が23.3%、壮年層が31.5%で、女性の無配偶の壮年層は51.7%だった。

    (3)正社員への希望について

     壮年層は、若年層同様、正社員転換希望を持っていたが、 今後2~3年については「現在の働き方を続けることを希望する」と回答した人が多かった。 また、若年層より転職活動に消極的で、スキル向上意欲に乏しく、スキル形成行動も低調だった。

    (4)仕事内容について

     担当職務に、「部下やスタッフの管理」「会社の事業などの企画」 「意思決定・判断」「専門知識・スキル」「部下や後輩の指導」が含まれるかどうかを尋ねた。
     若年より壮年層のほうが、すべての項目で「まったく含まれない」と回答する人が多かった。

    (5)健康状態について

     身体面と精神面に分けて、「健康ですか?」と聞いた。

    《身体面》
     不健康の割合は、壮年非正規と最も高く(18.4%)、次いで、若年非正規(14.4%)、壮年正規(11.0%)の順だった。

    《精神面》
     不健康の割合は、若年非正規がと最も高く(22.6%)、次いで、壮年非正規(20.7%)、 壮年正規は15.3%だった。 ちなみに、壮年非正規の15.9%は、過去にお金がなくて 病院にいくのを我慢したことがあったと答えている。
     また、過去に貧困経験があったり、相談相手が少なかったり、
    将来への見通しが悲観的だと、不健康を感じる確率が統計的に有意に高かった。

    (中略)

     非正規の正社員化は、少しずつ進められてはいる。が、精神的にも肉体的にも充実している 30代の10年間を、単なる調整弁として日々の労働に明け暮れ、正社員の道が狭き門となる40代で、 厳しい状況に追い込まれた人たちは、正社員になれるのだろうか?

     40を過ぎると、大企業に勤める正社員であっても、一歩前に踏み出す勇気を持てなくなるも。 「自分1人になったら……やばいなぁって思うんです」――。

     そう語る男性のような人がいるということも、どうか忘れないでいてほしいです。

    • ラスカル
    • 2016年 12月 07日

     40歳を過ぎると「使う 守る 貯める」よりも、一番難しくなってくるのが「稼ぐ」なんやで。

    • ラスカル
    • 2016年 12月 07日

    >だんだんと人と関わりたくなくなってくるんです。友だち? そんなものいません。 同級生にも会いたくないし、昔の会社の同僚とも連絡はとらない。人と会えば会うだけ、 他人が妬ましくなる。だから会わない。

     人間関係なんてそんなもんよ。ww

     そもそも同窓会に出てくる人なんか、現在が満足している奴らばっか。リストラ失業中とか中年無職とかは、絶対に出席しない。年賀状が急激に途絶えると、「ああ人生の悲哀を味わってるな」とかがわかる。年賀状に書いてあるリア充自慢なんか、失業中の人には精神的な拷問でしかない。30~40代独身女性なんか、子供と夫が一緒に写った家族写真つきの年賀状を見たら、発狂すると思うぞ。

     オイラなんか小中高の時の仲の良かった友達となんか、交流がゼロよ。たとえ会っても話が合わないから、2時間が限度やな。長期で頻繁に会って、一緒に遊んだり飲んだりできるのは、やはり同業者か、趣味や生活レベルや考え方が同調する人だけやな。

    • ラスカル
    • 2016年 12月 07日

     40歳を過ぎてリストラされても、今までと同じ高給正社員として雇ってもらえるのは、独立起業しても稼げる能力のある人だけやで。

     18歳の高校新卒時と22歳の大学新卒時が、好条件で就職できるビッグチャンスやし、高校や大学の偏差値がパワーを発揮する。でもみんな妄想に近い夢ばっか追いかけて、「好きな仕事」とか「やりたい仕事」とかにフォーカスしすぎて、地味だけど長期的に需要が見込めて、将来的な独立を視野に入れた専門性の能力を身に着けられるチャンスを棒に振るんだよなぁ。

     高校の偏差値が割と高めなのに、大学が偏差値の低い私立5流大学の文系学部しか行けないのならば、高卒で夢を捨てて、高卒で大企業に雇ってもらって地味に働けば、中年以降は結構いろいろな能力や技術が身について楽しい人生を歩めるのにな。

     5流大学の新卒は、高校新卒よりも就職時の好条件カードが使えないんだよねぇ~。高校新卒で地味な仕事で正社員で働けばいいものを、アパレルやアニメの専門学校に行っちゃうおバカちゃんも多いしな。あれは親が悪い。

    • ラスカル
    • 2016年 12月 08日

     ラスカル秘法を一つ公開しちゃる。人生においては「諦める」=「あきらめる」=「明らめる」っちゅうことで、諦めるということが運命を変えていくエネルギーになるんやで。諦めることによって、向こうから棚ボタ式に幸運や出会いやってくることだってある。

     ただ諦める心境になるには、「散々、限界までやり尽くす」という実際の行動が必要。ネットで知識ばっか吸収して、何も行動しない、あるいは失敗を経験しないと諦めるという境地には達することができない。株だろうがFXだろう投資信託だろうが金投資だろうが、やってみて失敗をしてみなはれ。

    • ラスカル
    • 2016年 12月 08日

    「散々、限界までやり尽くす」とだな、自然な心境で「さわやかに諦める」という境地に達する。

     すると意外にも、それまで嫌悪していたりしていたものに対して、抵抗がなくなってくるんだな。でもそこで無理に好きになったり、こっちからそれに近づく必要はない。

     心境が変わるだけで、なぜか運命の流れが変わり出す。でもこれは意識的に「無理に諦める」という心境ではダメ。「散々、限界までやり尽くす」を経験してからの「自然に諦めの心境に達する」でないとダメなんだ。「無理に諦める」はまだ意識の中に、不完全燃焼の部分が残っているから、不満や納得がいかないものが残ってしまって、運命を変えるエネルギーが流れ込んでこない。

    • ラスカル
    • 2016年 12月 08日

     日本が破綻したからって、ITやロボットがなくなる訳でもないし、人工知能AIの進化が止まる訳でもないので、単純労働しかできない35歳以上は何も変わらないどころか、破綻後は今よりもさらに悲惨な状況になるんだよなぁ~。大した能力がなくても、破綻して現在よりも人生がより良くなるのは、破たん時の年齢が20代前半までですわ。

     それなのに破綻を楽しみに待っている底辺層が多くて、笑っちゃうわ。起業で生き残っていける才能と精神力がないと、30歳以降の人は破綻後は悲惨でっせ。起業といっても、結局は物販(商品を右から左へ流して、利ザヤを稼ぐ)、サービス(代行や労務使役)、情報(半年で陳腐化、商品価値がなくなる)のどれかを売るしかないし、最初はサラリーマンをしながらの兼業だから、インターネットを使ったものが中心となる。

     だからスマホしか持っていなくて、パソコンを持っていないなんて、起業するに当たっては論外。信用を得るには固定電話とFAXも必要。携帯電話だけだと、いつでも逃げられると顧客に思われるので集客力が悪くなる。新規って信用がゼロだから、時間をかけて信用を構築していかなきゃいけないのだが、信用が完成するまでに時間がかかるというのを計算に入れていないから、ほとんどの起業家が挫折してサラリーマンに戻る。

     ネットで集客できると思って失敗するのが、大半の甘ちゃん起業家。SEOで上位に表示されようが、サービスを買ってくれなきゃ上位表示もクソもない。事業を本当に長期に渡って継続させようと思ったら、リアルなクチコミしかない。ホームページなんてクチコミの補助的手段でしかない。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ