狙い撃ちされる富裕層の真の節税対策とは?

超富裕層の究極の「節税術」が
来年度から奪われようとしています。

政府・与党は、海外資産への相続課税を抜本的に見直しし、

被相続人(親)と相続人(子)が1年の半分以上を
海外で過ごす非居住者の場合、相続税がかからないという
「5年ルール」を撤廃する方針です。

今の日本政府の税制の動きをみれば
本物の節税法を考えなければ
ならない時代になりました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. ゴミ金融商品の評価指標は顧客本位になるのか?

  2. パナマ文書から学ぶ絶対にやってはならない教訓

  3. テスラ株がここまで高い理由とは?史上最大級のバブル株の正体

  4. 量子コンピューターは仮想通貨を崩壊させるのか?

  5. 来るべき食料高騰の兆し?「収穫したくてもできない…」農業の実情

  6. 資産構築は富裕層の行動から学べ!

  7. バブル弾けるアジア不動産、狙うべき不動産投資とは?

  8. 安倍首相:フィリピン1兆円の経済支援は最良の判断か?

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • ラスカル
    • 2016年 11月 29日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ