インド タンス預金の焙りだし政策

インドではタンス預金を奪う政策を
打ち出しました。

公的な記録には残らない「地下経済」の
規模が国内総生産(GDP)の2~4割に
及ぶと試算されています。

現金取引による闇資金が『ある』一つの
政策であぶりだされることになりました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 急増する新興国のエネルギー需要

  2. 「ビットコインは地球に悪影響」(ビル・ゲイツ)

  3. 産業用大麻を合法化! アメリカの未来

  4. どうなる2019年!?米中関係

  5. ゴーン氏逮捕:陰謀論の真相

  6. インド裏金撲滅で暴落する相場とは?

  7. 米、ミャンマー制裁の裏読み

  8. 世界のキャッシュレス化から見る通貨の未来

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ