インド タンス預金の焙りだし政策

インドではタンス預金を奪う政策を
打ち出しました。

公的な記録には残らない「地下経済」の
規模が国内総生産(GDP)の2~4割に
及ぶと試算されています。

現金取引による闇資金が『ある』一つの
政策であぶりだされることになりました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 金融庁が大手銀行を一斉調査したキケンな投資

  2. 使用量85%減のビットコインはなぜ生き残るのか?

  3. 密かに日本国債で『儲けている』外資とは?

  4. 地震発生メカニズムの新仮説に注目すべき理由

  5. 海外隠し資産、国税への正しい対処法

  6. 貿易赤字拡大でなぜ円安!?金融相場が崩壊後の世界のマネーはどこへ行く?…

  7. ゴミ金融商品の評価指標は顧客本位になるのか?

  8. 静かに忍び寄る団塊世代の貧困時代

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ