国家が失われる次世代の社会とは?

『国家 : 一般に,一定の 領土 と国民と排他的な統治組織とをもつ政治共同体をいい,また一定の地域 (領土) を基礎に固有の統治権 によって統治される継続的な公組織的 共同社会 ともいうことができる 』

今後次第に国家が意味を失っていく、
いま世界はそんな時代に入り
はじめた可能性があります。

この歴史の変わり目をどう捉えればいいのか?
ズバリ解説しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 日本不動産、売りか買いか?

  2. 2024年新円切り替えで預金封鎖?国民管理体制の方向性

  3. 監視社会のススメ!プライバシーなしが心地よい?

  4. 過去4度起きた国債急落、歴史は繰り返す!

  5. 地銀の6割、海外現金送金停止!の裏事情 

  6. 地方の最低賃金を上げると地方を滅ぼすワケ

  7. 地震発生メカニズムの新仮説に注目すべき理由

  8. ユーチューバーは燃え尽き症候群?ユーチューブの正しい戦略

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ