日本の金融機関が直面する崩壊危機とは?

日本の金融機関が破綻しそうです。

それは日本国債の暴落が原因ではなく
『ビジネスモデル崩壊』という根本的
問題に直面しています。

日本が先や金融機関が先か、

どちらがころんでもおかしくない
今の日本の金融機関が抱える
根本的リスクを横森がズバリ解説します!


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. アジアで拡がる商用不動産の変化

  2. 韓国の韓進海運の破たんから見る『ある』特殊事情

  3. 世界貿易「スロートレード」時代とは? 

  4. 円暴落後に変革する次世代通貨システム

  5. フィリピン企業の半数が不正被害!犯罪の具体的手口とは?

  6. 「中国経済崩壊、秒読み」は本当か?

  7. 消費ではなく貯蓄に課税!日本の税制の近未来

  8. 人工知能を活かせる人材になれるか?

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • ラスカル
    • 2016年 11月 08日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2016年 11月 08日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2016年 11月 08日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ