中東政策はアメリカよりロシアが主役か?

石油輸出国機構(OPEC)が9月末、
「サプライズ減産」で合意しました。

外交的にはアメリカよりもロシアが
中東に対して
影響力が上がってきてます。

地政学的にアメリカが『意図的』に
中東の影響力を下げているのか、
もしくは計算間違えなのか、

中東をめぐるロシアとアメリカの
外交的影響力から今後の流れを
予測しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 静かに忍び寄る団塊世代の貧困時代

  2. 中国共産党の工作員が台湾総統になったら?

  3. アルゼンチン親米政権誕生から見る世界支配者の存在とは?

  4. 預金急増、融資滞る。米銀に起きる異変とは?

  5. 資産構築は富裕層の行動から学べ!

  6. イスラエル「ユダヤ人国家」に隠された真相 

  7. 大不祥事企業をバフェットが買い増す理由

  8. 日銀の株買い6.5兆円の恐怖

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ