中東政策はアメリカよりロシアが主役か?

石油輸出国機構(OPEC)が9月末、
「サプライズ減産」で合意しました。

外交的にはアメリカよりもロシアが
中東に対して
影響力が上がってきてます。

地政学的にアメリカが『意図的』に
中東の影響力を下げているのか、
もしくは計算間違えなのか、

中東をめぐるロシアとアメリカの
外交的影響力から今後の流れを
予測しました。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. コロナ危機!ビットコインがゴールドに代わる資金退避先となるか?

  2. 使用量85%減のビットコインはなぜ生き残るのか?

  3. 移民を活用したアメリカ混乱シナリオ

  4. 中央銀行デジタル通貨の近未来

  5. 持ち家は危険! 限界点に達しつつある日本の不動産

  6. 「仮想通貨の収益はバレない?」に要注意!

  7. 金融にかけるバフェット、真の狙いとは?

  8. 日本経済の限界はいつくるのか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ