大不祥事企業をバフェットが買い増す理由

伝説の投資家とされるウォーレンバフェットは
優良企業の『永久保有』というくらい
長期保有の投資家として有名です。

先月、その永久保有銘柄の一つ
超優良銀行のウェルズ・ファーゴが
前代未聞の不祥事が発覚しました。

顧客に許可を取らずに預金とクレジットカードの
口座を不正に開設 していたのです。

通常であれば不祥事が発覚した時点で
『売り』ますが、バフェットは逆に買い増しを
おこなっているそうです。

なぜ、この時点で『買い』なのか、
横森の見解はこちらになります。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 日銀の出口戦略は粉飾決算

  2. 究極の監視社会の未来像 

  3. 【裏話】なぜビットコインが採用されるのか?

  4. 農業ビジネスへ大手財閥が参入!食糧危機に備える方法とは?

  5. ビットコインは投資かギャンブルか?

  6. 「円安は景気にいい」は嘘!? 

  7. 電通、過去最大赤字の“真の意味”… プロレス団体にまつわる…

  8. 米企業の国外資金への課税強化が為替に影響を与えるワケ

コメント

  • コメント (6)

  • トラックバックは利用できません。

    • Austin
    • 2016年 10月 16日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2016年 10月 16日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • Austin
    • 2016年 10月 16日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2016年 10月 16日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2016年 10月 16日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • Calgary
    • 2016年 10月 17日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ