大不祥事企業をバフェットが買い増す理由

伝説の投資家とされるウォーレンバフェットは
優良企業の『永久保有』というくらい
長期保有の投資家として有名です。

先月、その永久保有銘柄の一つ
超優良銀行のウェルズ・ファーゴが
前代未聞の不祥事が発覚しました。

顧客に許可を取らずに預金とクレジットカードの
口座を不正に開設 していたのです。

通常であれば不祥事が発覚した時点で
『売り』ますが、バフェットは逆に買い増しを
おこなっているそうです。

なぜ、この時点で『買い』なのか、
横森の見解はこちらになります。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 史上最大に膨張した債務!信用バブル崩壊はいつくるか?

  2. 未曾有の不況に喘ぐ海運業界に未来はあるか?

  3. TPP参加によってフィリピン経済が飛躍するワケ

  4. トルコが第3次世界大戦へと駆り立てる危険な内情

  5. ビットコインの後にくる次世代の通貨とは?

  6. あなたの海外資産は国税にすべて把握されています

  7. 世界の全ての国がハイパーインフレになる!?前代未聞シナリオ

  8. 元FRB議長グリースパン氏「債券バブル崩壊」

コメント

  • コメント (6)

  • トラックバックは利用できません。

    • Austin
    • 2016年 10月 16日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2016年 10月 16日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • Austin
    • 2016年 10月 16日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2016年 10月 16日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • ラスカル
    • 2016年 10月 16日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • Calgary
    • 2016年 10月 17日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ