質問822『老後資金の作り方』フィリピン事業開業での注意点

横森一輝氏の「老後資金の作り方」を読んでいまして、フィリピンで事業を興したいと考えているのですが、気を付ければ良いことや、本書のデータが古くなっているところなどをお聞きしたい次第です。

質問822『老後資金の作り方』フィリピン事業開業での注意点

音声ダウンロード(MP3) [9月16日収録]

———————–

 

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

関連記事

  1. 第349回 今、なぜインフレ対策が必要なのか?

  2. 質問1138 ベーシックインカム、人口削減との密かな関係

  3. 第389回収録 米中関係は悪化する訳

  4. 質問979 インフレで借金は減る? 

  5. 質問1012 孫正義氏 裏人脈

  6. 質問876 大不況を狙うインド株投資

  7. 第360回 マイニング事業実践会のご案内

  8. 【特別動画】2021年1月20日に何かが起こる?フランス占星術師が大予…

コメント

  • コメント (19)

  • トラックバックは利用できません。

    • ラスカル
    • 2016年 9月 23日

     起業なんか、やめとけ。軌道に乗るまで地獄だぞ。日本でも難しいのに、フィリピンでの起業なんかギャンブルだわ。

    YouTubeで
    『 【日本】電車での人身事故の瞬間【横浜】 』
    と検索かけて見てみんしゃい。(再生回数243万回)

    自殺で列車を止めたら、家族に数百万円の損害賠償請求(振替輸送費など)がいくからな。

    • ラスカル
    • 2016年 9月 23日

     しかし電車に飛び込む奴らって、なんで京急本線横浜駅とかの幹線のターミナル駅に飛び込むのかね。東急こどもの国線の長津田駅とかにしろよ・・とか思うわ。死ぬ時の最後の最後まで、他人に迷惑を掛けてんだから、人間のクズだわ。

    • ラスカル
    • 2016年 9月 23日

    ああ言い忘れたけど、この自殺動画は女性は見ない方がいいと思うぞ。

    • 希望
    • 2016年 9月 23日

    フィリピンで事業?失敗率は95%以上だろうが覚悟してどうぞ。
    とにかく現地に行って現場の最前線、すなわち客や工事現場の労働者と通訳を交えてもいいから会話、交渉するべし、できないなら諦めた方がいい。

    ドブへ金を捨てるようなものだが、七転び八起きの精神で頑張ってください。

    成功率5%以下、下手すりゃ命もないよ。

    • ラスカル
    • 2016年 9月 23日

     どうせ金だけ出して、現地でのビジネスは人を雇って、自分は何もしないで、ぬくぬくオーナーとか考えてんだろうが、金を持ち逃げされて終わりですわ。そもそもフィリピン人が、日本人みたいに真面目に言った通りに働いてくれると考えている時点でアウトですわ。

     まあ日本人ですらコンビニバイトが、自分の店で万引きしたり中抜き(客が支払った小銭の一部を、スッと胸ポケットに入れる)したりして、月額20万円とか平気で損失を出してんのに、フィリピン人がやらね~訳ね~だろって。

    • ラスカル
    • 2016年 9月 23日

     日本でも無知なのに、平気で起業しちゃうのが多いからな。税金や社会保険のことなど、まったく知らない。ホームページで安易に集客できると思っている。お客が確実に金を払ってくれる訳でもないし。

     平気で未払いのまま音信不通トンズラなんて、いくらでもあるからな。飲食店ですら支払いの段階で「財布忘れたぁ~」とか、自転車屋で修理が終わった段階で「実はお金を持ってません」とか、タクシーなんか長距離の目的地に到着した時点で「お金を持ってません」とかは日常茶飯事だぞ。

     病院でも定期健診を受けていない妊婦が救急車で運ばれてきた場合のほとんどが医療費未払い。そもそも妊娠後の定期検診を受けていない時点でDQN確定。

    • Calgary
    • 2016年 9月 25日

     ただ、今の日本で給与所得にのみ頼っていたら、実質的な
    身入りはたかが知れているわけです。その辺についてラスカルさんはいくつも財布を持てと提言されていますよね。流石です。
     まあ、私の場合、給与以外に株と不動産の二つがあるだけまだいいのかもしれません。できれば起業できないか。いろいろ本は読んでいるんですけどね。
     また、出てきてしまったな。ラスカルさんにバカにされる。
     

    • ラスカル
    • 2016年 9月 25日

    >Calgary より:2016年9月9日 7:21 AM 「皆さんお元気で」

     お帰りなさい。wwww
     15日と21時間半しか持たんやんけ。ダイエットや筋トレと一緒やん。オイラは人間の意志力なんぞ、結果を出している人の発言しか信用せんのだよ。DQNが「頑張ります」だとか「必ず返します」とか言っても、誰にも信用されないのと一緒。「お元気で」リピーターが1カ月我慢できたことは、1度もなし。www

    >私の場合、給与以外に株と不動産の二つがあるだけまだいい

     相変わらず謙遜しながら自慢しとるな。www
     普通の人の複数インカムの代表じゃね~か。
     「株と不動産の二つ」⇒王道だよ、王道!
     ゴールド現物(どうせただの少額金貨)をハイパーインフレまで持ち続けてウハウハを夢見ている、どっかのアスペとは大違い。

    • ラスカル
    • 2016年 9月 25日

    >できれば起業できないか。いろいろ本は読んでいるんですけどね。

     やめておけ。本に書いてあるようなテンプレ通りには、ビジネスは進まんのだよ。横森さんは事前にリスク回避とか言ってるけど、どんなリスクが来るかなんて起業するまでわからんぞ。まあ事前に予想できる程度のリスクすら、事前準備していない奴がほとんどだから、みんな潰れるんだが。

     「税理士がこう言っていた」とか「弁護士がこう言っていた」とか、いつまでも主張するバカも多し。特に税理士は社会保険に関しては無知なだけでなく、その間違ったバカ知識を顧客に教えちゃってんのが多いんだよねぇ~。「顧問弁護士はこう言っていたので、お客様のおっしゃる内容は主張できません」とかね。これね、海千山千の社長たちに言ったら、警察に被害届だされて本当に逮捕された挙句、関係省庁や税務署にもチクりを入れて会社を潰されるからな。10年以上生き抜いた社長たちなんか、税理士や弁護士の言うことなんかアドバイス程度にしか聞かず、全部自分で納得できるまで、自己責任で徹底的に戦い抜くからな。

     税務関係は税理士に丸投げ、コンプライアンスも弁護士に丸投げでは10年も持たん。オイラ相手に「弁護士が~」とか言ってきたバカ起業者がいたから、「さっきあんたの会社の所轄署に被害届を出すための相談をしてきた。生活安全課の~~っていう警察官だよ。あと税務署と省庁と日本テレビにも行く。そっちは弁護士氏がついているんでしょww。」って言うと(本当に相談しに行った)、急にアタフタとファビョって「全額返金します」とか低姿勢になったバカは一人ではない。ww

     はっきり言って、これくらいの事が平気で出来なければ、起業なんかしちゃ駄目。横持さんのフィリピンでの役人やチンピラ相手の戦いっぷりとか武勇伝とか凄まじいぞ。www

     ビジネスを持続させるのは頭ではなく、胆力つまりキモ。

    • ラスカル
    • 2016年 9月 25日

     まあ3代目ぐらの温和なボンボン社長しか見ていないと、「ああ自分にもできそうだな」とか思うけど、それは既に完成されちゃったビジネスだから、創業者みたいな壮絶な苦労はない。

     でも起業って自分が創業者になる訳だし、会社の看板という信用もない訳だから、軌道に乗るまでは盆も正月も日曜もない。営業窓口を閉めているだけで、溜まっていた未処理案件(事務処理を含む)の仕事や「日曜日に話を聞きたい」っていう顧客見込み者の所まで出張しなければならない。わざわざ交通費を支払って、時間を潰しても購入まで至るのは極一部。ぶっちゃけサラリーマンの方が楽。上司に怒られても我慢しているだけで、毎月の給料は保証されている。

     みんな起業してから2~3年で根を上げて、こう言う。

    「こんな精神的にも金銭的にも苦労するんなら、サラリーマンの方が楽だ」

     そしてサラリーマンに戻ってこう言う。

    「毎月、給料が確実にもらえるなんて、ありがたい」

     起業してもサラリーマン時代の給料以下のお金しか残らないという、精神ズタズタ状態を2~3年も経験すれば、上司や顧客のゴチャゴチャうるさい文句も、「この程度は苦労の内にはいらん」という心境になる。

    • Calgary
    • 2016年 9月 25日

     私の言っている起業は今持っている僅かな資産の管理会社としてなのですが、これはやはりある程度大きな資産がなければ見合わないことになります。というわけで、実際に私がやれるのは申告分離課税所得を得ることくらいです。
     ただ、これから日本で株式やら不動産の投資をやろうにもますます状況は厳しくなるでしょう。でも、まあ、何とかなると自分ではそう考えていますよ。

    • ラスカル
    • 2016年 9月 25日

    >私の言っている起業は今持っている僅かな資産の管理会社

     それって起業って言わない。wwww
     マンション経営を法人化しているジジババと変わらん。単なる税金対策のために会社を作っただけ。

     即戦力を求めて実務経験者の求人をかけると、ちょっとやったことがあるだけのプチ体験者が来ちゃうもんやな。なんちゃって経験者が必ず一人はやって来るから人事担当者や社長は頭が痛い。

     それってただの「なんちゃって起業」やで。

    • cybermika3
    • 2016年 9月 25日

    上のほうでのやり取り読んで思ったけど、そう、やせ我慢しないで、どんどん書き込みすればいいと思う。
    私みたいに人生半分以上来た身にもなるとどんどん楽しみごとなくなってくるからここで独り言を言ってるようなものですが、たまに書き込むのけっこう楽しんでます。海外で何年もやってこれたのも、やたら健康なのも、この性格だからだと最近思うようになりました。我慢しないからだと。
    あ、ところで、この間豪州の記事で、Small Businessで安定した収入が得られる業種ベスト10が出ていたんだけど、不動産賃貸業も入ってました。 これしかないなあ私なんかとつくずく思いました。

    • Calgary
    • 2016年 9月 25日

    >マンション経営を法人化しているジジババと変わらん。単なる税金対策のために会社を作っただけ。

     と言うか、こと税金対策に関しては私達のような給与生活者はジジババ以下なのです。
     そういえば、最近、西谷さんの論調が変化しましたよね。日本の財政破綻もあり得るし、日本株式の今後に対してもかなり悲観的になってきています。

    • cybermika3
    • 2016年 9月 25日

    2018年頃からいろいろ世界で大きな問題が起こってくるので最後に何か大事件にかこつけて新しい体制に移行すると思います。いつでも逃げられるように保険として安全な国の永住権持っているのが正解のように思います。

    • Calgary
    • 2016年 9月 25日

     そんなことを書くとまた希望さんが喜んじゃいますよ。
     ただ、ミカさんも言っていたように、日本もあと数年で今の医療制度は維持できなくなると思う。世界中どこにいても医療は金がかかるもの。今の日本で金のかかる医療を負担できる人がどれだけいることか。結局、実費負担という方向に向かわざるを得ないのではないか。今でさえ、消費税の皺寄せを医療機関に押し付けているわけですよね。

    • cybermika3
    • 2016年 9月 25日

    陰謀論ではなくて、シナの不良債権問題、BISも警告ならしましたように、2018年までに臨界点に達することや、北朝鮮がどうなるかわからないなどなど、いろいろ今後出てくるでしょうから。地政学的に日本は危ないから。ただ私自身の経験上、日本のバブルがはじける前にNZに移住していたので、資産保全はかなり助かったので別に住まなくても他国に銀行口座でも家でも持つとか、プラス理想は永住権も持っているのがもしもの時の保険の意味でも良いと思います。

    • man21
    • 2016年 9月 25日

    ドイツとイタリアの銀行が危ないということです。ユーロ危機の第二幕の始まりです。

    • man21
    • 2016年 9月 26日

    26日のフランクフルト市場で、ドイツ銀行の株価が日中取引での過去最低を更新した。米国での証券販売に関連した制裁金など膨らむ法的費用による資本バッファー毀損(きそん)への懸念が根強い。フランクフルト時間午前9時15分現在、株価は4.2%安の10.93ユーロと過去最低。38銘柄で構成するブルームバーグ欧州銀行・金融サービス指数は1.5%安でドイツ銀が下げ幅最大。
    ドイツ銀は住宅ローン担保証券をめぐる米調査を決着させるため140億ドル(約1兆4100億円)の支払いを迫られる恐れがあるが、これは同行が法的費用として引き当てている55億ユーロ(約6220億円)の2倍以上。さらに、為替レート操作や貴金属トレーディング、ロシアからの送金でもそれぞれ疑惑があり、調査に直面している。ソシエテ・ジェネラルのアナリスト、アンドルー・リム氏は今月、米当局と最終的に合意する額が引当金の範囲に収まってもドイツ銀は「大幅な資本不足」になるとリポートで指摘した。
    来年に総選挙を控えているメルケル独首相はドイツ銀への政府支援の可能性を否定していると、フォークス誌が先週報じた。
    from Bloomberg

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ