多国籍企業の徴税時代に儲かる投資先

脱税、節税、租税回避

これらは資産家だけが
狙われるわけではありません。

あのアップル、アマゾンなど
グローバル企業は追徴課税を
課せられる時代がやってきました。

このニュースをみて横森は
どのような国の政策が打ち出されるのか、
『ある』仮説を立てました。

この仮説に従って投資をすれば
あなたは徴税時代の恩恵を
受けられるかもしれません。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら7日間無料でお試しいただけます。

無料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 世界で増加する企業格下げ、今年の秋は要注意!?

  2. 家政婦は国際送金革命家

  3. 中国人富裕層、2つの金持ちとは?

  4. 金融緩和での日本株バブルはいつまで続くのか?

  5. 新型コロナを予言した『ある』大学の裏話

  6. 対日感情が大きく変わった中国人 

  7. リスク回避の円高は続くのか?

  8. モンサントを買収して倒産危機に陥る製薬会社バイエルの悲劇!

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ