多国籍企業の徴税時代に儲かる投資先

脱税、節税、租税回避

これらは資産家だけが
狙われるわけではありません。

あのアップル、アマゾンなど
グローバル企業は追徴課税を
課せられる時代がやってきました。

このニュースをみて横森は
どのような国の政策が打ち出されるのか、
『ある』仮説を立てました。

この仮説に従って投資をすれば
あなたは徴税時代の恩恵を
受けられるかもしれません。


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 夏よりインフレ確実!想定外の要因とは?

  2. Amazonが日本で再生エネルギー産業に参入する意味とは?

  3. 認知症患者が日本経済を滅ぼす?

  4. ロシアから欧州へのパイプライン事業を潰すアメリカ:真の目的とは?

  5. 貿易金融の資金ショートが世界不況をもたらすワケ

  6. 核軍縮条約の失効?世界の核軍縮の未来とは?

  7. 石油業界の「勝者」「敗者」で見極める世界支配構造

  8. 高額法人税制度は日本を滅ぼす

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ