質問819 日銀が量的金融緩和の縮小は財政破綻に近づくか?

最近、ニュースなどで日銀が量的金融緩和の縮小、いわゆるテーパリングが実施するのではないかという憶測がありますが、もし、テーパリングが実施された場合、国債の金利や為替レートにどのような影響を及ぼしますか?また、これによって日本の財政破綻に一歩近づくのでしょうか?

質問819 日銀が量的金融緩和の縮小は財政破綻に近づくか?

音声ダウンロード(MP3) [8月25日収録]

———————–

 

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

関連記事

  1. 質問1040 イギリスEU離脱延期をどう読むか?

  2. 質問1112 JA個人年金は危ない?

  3. 質問758 中東危機によって石油価格急騰で日本経済への影響は?

  4. 質問1077 韓国系銀行の預金対策

  5. 第320回 スーチー氏 大量虐殺?ロヒンギャ報道の裏読み

  6. 質問836 フィリピンはアメリカと決別し中国と組んで大丈夫か?

  7. 質問1039 アリババ詐欺業者を見分ける方法

  8. 質問994 老後資金:投資信託運用のリスク

コメント

  • コメント (9)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 9月 09日

    量的金融緩和の縮小→こんなのはただの時間稼ぎ、本命はアメリカ大統領選挙であり、ヒラリーが勝つか、負けるか、負ければ核使用権、FRB人事権を失い、事実上偽ユダヤアメリカは衰退の一途となろう。

    そもそも、そんな弱い組織の言うことなど他の連中が言うことを聞くはずがない。
    ヒラリーが負ける見込みが確定すれば、その時点でドル、円、日米国債の大安売りだろう。
    ゴールドは大暴騰かな。
    金利も大暴騰、まさしく世紀の一瞬である。
    プーチン、習近平はしてやったりとほくそえむだろうし、安倍、黒田はこれまでと観念するだろう。

    私のシナリオ、どこまで当たるかな?わははははは!
    悪いが横森説など全く相手にしてませんので~

    ただ、日本は本格的に大貧困時代に突入で、20年は続くかな?
    みなさん、覚悟しましょう。

    • ラスカル
    • 2016年 9月 10日

    【ルサンチマン】
     ニーチェの用語では、強者に対し仕返しを欲して鬱結(うっけつ)した、弱者の心。主に弱者が強者に対して、「憤り・怨恨・憎悪・ 非難」の感情を持つことを言う。

    • ラスカル
    • 2016年 9月 10日

    今度から希望のことを「ルサンチマン希望」と呼んであげよう。

    • ラスカル
    • 2016年 9月 12日

    【タイ移住した日本人の“貧困老人化”がヤバい。同胞を騙して金を無心する者まで…】
    (週刊SPA! 9月8日)

     一年中温暖な気候、物価の安さ、日本食レストランの多さなどを背景に、リタイア後、タイに移住してくる日本人。本来は優雅にタイで余生を過ごすはずだった……。しかし、物価の高騰など現実は想像以上にシビアで、生活は厳しくなるばかり。ビザも切れ、もはや日本にすら帰れずに、いわゆる“沈没”。最終的には日本人を騙して食いつなぐような“貧困老人”が増えているというのだ。

     某大手商社を退職後、すでに15年、夫婦揃ってタイで暮らしているAさん(79)にリタイア事情を聞いた。タイには、ロングステイ会というリタイア組がゴルフや会食などを行う集まりが存在しているが、ここ数年で会員は減少傾向。「昔はよくテレビの取材なども受けましたよ」とAさんはかつての移住ブームを懐かしみながら、最近になって移住者が減っている理由を「物価や家賃の高騰」「昔に比べて受給できる年金の額が少ないこと」を挙げた。

     ロングステイの方たちが持っているビザは、その名も“リタイアメントビザ”。申請条件は、銀行の預金残高が80万バーツ以上、もしくは月に年金を6万5000バーツ以上を受け取っていること。つまり月に6万5000バーツ以上あれば人並みの生活がおくれるという試算から出てきた数字ではあるが、タイの現状を考えると、決して裕福な生活とはいえない。タイの家賃は先進国と比べれば安いとはいえ、年々高騰化傾向が続き、日本人居住区においてアパートを借りれば、3万バーツ(9万円)程度。郊外などに行けば価格は安くなるものの、日系レストランなどは激減し、利便性は落ちるため、快適さを求める高齢者にとっては厳しい。タイまで来て、不便な生活を、そもそもが本末転倒になる。

     ちなみにAさんは厚生年金に加え、企業年金を受け取っており、いわばリタイア組の“勝ち組”。サービスアパートというホテルと同等のサービスを受けることができる住まいに暮らし、週に2回のゴルフと週1回の飲み会を欠かしていない。

     当然、リタイア組でも年金受給額にはバラつきがある。懐事情はそれぞれで、Aさんたちの飲み会の予算は食べ&飲み放題800バーツ(約2400円)。タイではお酒の持ち込みが可能なレストランが多いため、その分で浮かせているという、なんとも切ない実情。そしてゴルフは平日のみに限定。週末と比べると、激安だからだ。ゴルフ代は1000バーツに加え交通費、食事代で、込み込み2000バーツといったところだろう。日本円にすると6000円強。Aさんのように週2回参加できる人もいれば、1回のみの人もいるという。

     物価や家賃の高騰により、日本人居住区から離れた場所に引っ越しせざるをえない人も出てきている。人気エリアはスクンビット駅からアクセスもいいオンヌットやウドムスックといったところ。この辺りは、2万バーツ以内(約6万円)で十分にファシリティが揃うコンドミニアムを借りることができる。なかにはラップラオといったまず日本人はいないローカルエリアを選択する人もいるという。その辺りなら5000バーツ(約1万5000円)で住むことも可能だ。

     節約の波は家賃だけにとどまらず、食事代にも及ぶ。食事は屋台なら、1食30~40バーツ(約90円~120円)ほど、お酒もコンビニのビールを買えば、40バーツほどで飲める。つまりは生活費を抑えようと思えば、かなり安く済ますことができる。しかし、Aさんは「そこまでしてタイにいたいのでしょうか。何が楽しいのかわかりません」と切ない実情を嘆いた。

     生活に貧窮した老人が、バンコクから離れていくパターンも多いという。そんな貧困老人が次に目指すのはチェンマイ。バンコクと比べて物価や家賃も安く、街は落ち着き、老後に暮らすには最適だといえる。

     しかし、Aさんは「チェンマイは危ないですよ。日本人が日本人を騙すパターンをよく聞きます。観光客だけではなく、我々のような在住者にとっても危険。彼らは日本人にターゲットを絞っていますので」と話す。ついに金に困った老人たちは、日本人を見つけると「お金を貸してくれないか。近々、日本から送金してもらえるから、金はすぐに返すので」といって金を無心してくるというのだ。お決まりの言葉は「日本人なら理解できるよね?」といった同情を誘いながら、口八丁手八丁で攻めてくるというからタチが悪い。かつてAさんはチェンマイのリタイア組とも交流していたが、「いつ金を無心されるかわからない」という理由から疎遠になったという。

     ただし、日本人社会は想像以上に狭い。そういった悪事を繰り返せば、噂が広まるのも一瞬。途端に住みにくくなる。バンコクですら、村社会といわれているのに、チェンマイでそのようなことを続ければすぐに村八分になるのは明らかだろう。結局、貧困老人は再びバンコクに戻り、チェンマイでの悪い噂が収まるまで身を隠し、再びチェンマイに戻っていくパターンを繰り返す。「チェンマイも狭いですからね。飲食店だって限られているし、会いたくなくても絶対にどこかで会ってしまうんですよ。ただ、そういった人がバンコクに帰ってきても、スーパーにも行かずにひっそりと生活している。もはやむなしいだけです」とAさん。

     タイ移住日本人貧困老人が勝手気ままに移動ができるのかというと、独身者が多いからだという。夫婦でタイに移住してきているのは、Aさんの感覚では「全体の半分ほど」。身寄りのない状態で生活は貧窮、日本人から金を無心し、移住先を転々とするタイでの老後……。もはやそこには優雅さのかけらも感じられない。

    「タイに来る老人は、変わった人が多いですよ。本当にいろんな人がいます。だから日本人も騙されないようにしないといけない。もうこの年齢になると、昔のことって聞きづらいんですよ。どんな会社に勤めていたとか。ただ、やっぱり交流が続くようなしっかりした人はマナーもわかっているし、変なこともしません。自ずと変わった人は淘汰されていく傾向がありますね」(Aさん)

     まだまだ後進国だと勘違いして移住を考えている人もいるかもしれないが、現在のバンコクは決してそんな生易しいものではない。郊外でひっそりと暮らすにはいいかもしれないが、バンコクで優雅な生活を求めるには、それ相応の資金が必要となる。格差社会はここタイでも確実に広がっている。

    • ラスカル
    • 2016年 9月 12日

    【40男が「海外セミリタイア」したら悲惨なことに…現地女性にダマし取られた額は3000万円以上】
    (週刊SPA! 2016.06.10 )

    ~ 会社員(46歳・バツイチ)~

    ◆現地女性に入れ込み家を手放すはめに……

     実現可能かは別として、40代で早期リタイアして海外暮らしができたらどんなにいいだろう。しかし現実は厳しかった。

    「40代バツイチだけど、5000万円も貯まったし悠々自適に暮らそうとバンコクで若い女性と付き合ったんですが、800万バーツ(約2500万円)で一括購入したコンドミニアムをダマし取られてしまいました……」

    とは、タイに移住した田中悟志さん(仮名・46歳)。行きつけのレストランで働く女性と交際し、同棲のため手に入れたコンドミニアムをつい彼女名義にしてしまったのが運の尽き。

     「年齢差も国柄も合わず、半年で別れました。ところが、彼女は自分名義であるのを理由に『出ていかなければ訴える!』と言い出し、自分が買った家なのに追い出されることになったんです。それ以外に交際中ブランド物をプレゼントしたり、彼女の実家にも仕送りをして家と合わせて消えたお金は3000万円以上。相手に入れ込んだ自分がバカなんですけど、今思い出しても悲惨です」

     さすがに帰国も考えたそうだが、年齢的に再就職は厳しいと判断。今もタイに住んでいるが、家は地元中流層が住む家賃1万バーツ(約3万1000円)のマンション。さらに週3日は半減した資産を補おうと知人が経営する会社で事務として働くなどイメージしていたリタイア暮らしとは程遠い。

    「この一件で人を信用できなくなり、自分の人生なんだったんだろうと考えます。やり直す体力もお金もないし、このまま海外で孤独死しか想像できません」

    ― 悲惨な40男の挑戦 ―

    • ラスカル
    • 2016年 9月 12日

     何でみんな海外移住したがるのか、わからん。外国人は日本に住みたがるのに、隣の芝生は青く見えんのかいな。奥の深い日本文化を知ってしまうと、海外のあの無機的な深みのない生活なんか、耐えられんわ。

    • man21
    • 2016年 9月 12日

    新興国から比べれば、まだまだ日本の給与水準は高い。向こうに行けば小金持ちになったような優越感を得れるからではないでしょうか。それも長期化すればいつかは資金も切れる。さみしい話です。

    • cybermika3
    • 2016年 9月 14日

    日本で退職金と年金で生活していくだけの人たちが行く海外なんてもはや無いのではないでしょうかね。東南アジアもどんどん物価上がって行くでしょうし。東南アジアで良い暮らしできるとかTVで番組組んだりするけど、あれ全部嘘。マレーシアのKLなんて郊外でもまともなワンルーム借りたら6~7万円だし、ちょっと中心の新築物だとワンベッドで12万~14万円くらいだもの。それって東京と変わらない。日本で良い暮らしできない人がたとえ他のアジアでも良い暮らしなんてできないと思う。隣の貧しい従妹たちって時代はもう終わってだんだん世界中同じ土俵になってきてる。
    東京は割安。サンフランシスコから戻ってきましたが、家を見て回ってもう驚愕、その値段の高いこと。治安も考慮して良いエリアで買おうと思ったら少し改装が必要で2ベッド2バスルームでParkingなしとかのコンドで1.3ミリオン米ドルだからねえ。Tech waveでもうどんどん家が足りなくなってきてるとか。人口も若いし、活気ありますが、物価、特に家賃がどんどん高くなっていてもうみなひーひーだそうな。他人とシェアするアパートで一部屋2200ドルだそうな、1か月。それって22万じゃいですか。公共の乗り物、BARTで飛び込み自殺多いとか、耐震業者がいたりとかなんか東京みたいな話聞きましたね。

    • man21
    • 2016年 9月 16日

    NYなんか人の住むところじゃないですよ。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

  1. お金のブラックホール

アーカイブページ