愚策となるタックスヘイブンへの租税回避策

租税回避地に資金をもつ世界の富裕層リストの
パナマ文章が暴露されてからタックスヘイブンが
厳しい目でみられています。

節税、脱税という目的では容易に
租税回避はできない状況となっています。

また、各国もタックスヘイブンに資金を
移した富裕層に対して脱税行為がないか
厳しい目に晒されることになります。

今後、もし税金対策としてあなたの
税務コンサルタントが

『租税回避地』

に口座を作りましょうとなれば
かなり危険です。

今すぐこちらの音声を聞いてください

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 日銀の出口戦略は粉飾決算

  2. インフラ投資の落とし穴

  3. 「米中冷戦」による世界経済への影響とは?

  4. 国税が監視強化する相続対策のタワーマンション投資

  5. 新型コロナでビットコインか金か?襲い掛かる投げ売りの恐怖!

  6. ベネズエラが破綻寸前になった本当の理由

  7. フィリピンビジネスは狙い目?日系企業が増加中!

  8. 外国投資が半減!フィリピン経済の行方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ