第284回収録 ロシアを狙う安倍首相の裏側

第284回収録 ロシアを狙う安倍首相の裏側

音声ダウンロード(MP3) [9月1日収録]

———————–

経済倶楽部であなたの知りたいこと、相談したい悩みは こちらをクリックしてお送りください。

関連記事

  1. 質問1153 米ドル崩壊…紙切れとなるドルからデジタル通貨…

  2. 第490回収録 みずほ銀行トップ3が全員クビ!? システム障害以外にも…

  3. 質問1159【注意喚起】新興国通貨で億万長者???まだ宝くじのほうが当…

  4. 質問1160 田舎移住で日本破綻対策?サバイバルの心構えとは?

  5. 質問836 フィリピンはアメリカと決別し中国と組んで大丈夫か?

  6. 質問1161 2020年後半の資源株・ゴールド相場はどうなる?

  7. 質問1197 二酸化炭素削減…真の目的とは?

  8. 第415回収録 円安、株安!日本売りの始まり?

コメント

  • コメント (6)

  • トラックバックは利用できません。

    • ラスカル
    • 2016年 9月 06日

     希望のうざいプーチン論が掛かれる前に、何かマトモな記事を貼っといてやるわ。希望と違って、学術的な素晴らしい頭脳を持つラスカルさんは、きちんと学術界のルールに則って、出典をきちんと毎回、明示しておりますです。他人の意見を横流しして、自分の手柄を得るという、希望の様なズル賢いことはしないのでありますです。

    【「トランプ大統領」誕生を睨んだ安倍・プーチンウラジオ会談の意義】
    (マネーボイス:2016年9月4日 :斎藤満 )

     これまで日ロ外交が進みそうになると、大概、米国から横やりが入って、交渉がうまくいきませんでした。ところが今回は、米国から何ら圧力がかかっていないようです。

    《米国も密かに後押し?日ロ首脳会談に色濃く滲んだ「トランプ色」》

    ◎日・米・露の関係に大変化◎

     中国で4~5日にG20会合が開かれるのに先立ち、安倍総理は9月2日、ロシアのウラジオストックでプーチン大統領と会談し、大統領の12月訪日の予定を詰めると言われています。

     その中で、日本によるロシアの原発施設への資金面も含めた協力など、経済面での相互協力の話し合いが進み、その先に日ロ平和条約、北方領土問題の進展が期待されています。

     これだけオープンに日ロ外交が論じられること自体、大きな変化であり、新しい力の台頭を感じます。

     これまで日ロ外交が進みそうになると、大概、米国から横やりが入って、交渉がうまくいきませんでした。

     ところが、今回はラオスでの日米首脳会談が予定される直前の日ロ首脳会談であり、これに何ら圧力がかかっていないようです。

    ◎変わるパワーバランス◎

     一体何が起きているのでしょうか。米国がオバマ政権の末期で、事実上すでにレイム・ダック化している面もありますが、次期大統領候補のトランブ氏を睨んだ動きとも取れなくありません。

     クリントン候補がネオコン勢をバックに、反ロシア、反中国路線をとるのに対し、トランプ候補はロシアのプーチン大統領を評価し、親ロ路線を見せています。

     さらにトランプ氏は、日本の防衛に関し、米国に2倍の金を払って米国に守ってもらうか、自力で守るかだと言い、日本の核武装さえ認める構えです。

     日本がロシアの原発支援をし、必要ならロシアからウランやプルトニウムを購入し、日本が原爆を作成する道も開けます。核兵器の漸減を主張するオバマ政権の判断とは相容れないように思えます。

    ◎日本政府は「トランプ大統領」誕生を確信している?◎

     ここにはいくつかの注目点があります。米国大統領選挙では、世情ではクリントン候補がリードと言われていますが、日本は「トランプ大統領」の情報を得ているのでしょうか。

     そして日本の「核三原則」に対して、ロシア経由で核を入手するルートが開けると、日本自身の核保有の可能性が出てきますが、国民には何ら説明がなされていません。

     そして北方領土問題に道が開けることは朗報ですが、ロシアは日本接近を探るプーチン大統領だけではないので、ロシアの対日戦略、アジア戦略にも十分な研究が必要です。

     そして日本がロシアと接近することは、やはりロシアと近いイラン、シリア、トルコ、イスラエル戦略にも影響が出ます。

     さらには、中国が包囲されることになり、中国の対日、対アジア戦略も変わってくる可能性があります。

     何より、トランプ大統領になれば、これまでのような米軍依存というわけにはいきません。米国に代わる抑止力を、ロシア、インド、東南アジアとの連携の中から構築する必要がありますが、中国との緊張が高まる一方で、そちらの体制づくりは遅れています。

     日本の外交は米国偏重のきらいがあり、一部親中国派からなる偏った体制にあります。今回のロシア外交も、米国の後押しもあるようで、日本が独自の外交力で動いているとも思えません。

     世界のパワーバランスが変わろうとしているならば、日本の外交体制、戦略も機動的に修正する必要があります。

    ◎日本にとって大きなチャンス◎

     一方、経済的には閉塞感の強まる今の日本を打開する大きなチャンスになります。核の問題は重要な問題であるだけに、国民の厳しいチェックが必要ですが、その他では新たなフロンティアが期待できます。

     官邸もすかさず「ロシア経済分野協力担当大臣」を新設し、世耕経済産業相を兼務させる積極姿勢を見せています。

    ◎日本の成長に大きく寄与? 北方領土、そしてシベリアの可能性◎

     まずエネルギー問題ですが、米国が支配してきた中東が、ロシアの影響力下に置かれた際に、日本は高価なシェール・ガスや中東のオイルに頼らなくとも、安価なロシアのガス、石油の輸入を増やすことができます。

     エネルギー・コストはさらに低下し、日本の交易条件を良くします。

     また、北方領土の使い方は様々ですが、拠点となる北海道や北方領土での開発投資は増えるはずです。

     さらに、ロシアが望む東シベリア開発は、現地の資源が豊富で、それが日本の利用に供される道が開け、さらに従来永久凍土として使えなかった北シベリアから北極圏が暖冬で利用可能となり、北極海航路の利用も可能になります。

     日本は人口が減り、国内市場はじり貧で投資の魅力がない一方で、ロシア、シベリアが日本の新たなフロンティアになる可能性があり、これが日本の成長にも大きく寄与する可能性があります。

     米国の対ロ姿勢が緩んでいる時がまさにチャンスです。エネルギー分野だけでなく、ロシア、シベリア・ビジネスに関わりそうな企業をリスト・アップする必要がありそうです。

    • man21
    • 2016年 9月 06日

    ロシアは資源も土地も豊富、負債も多くない。ロシアと組めれば生き残りの可能性が出てきます。しかし、ロシア語はとても難しいです。

    • ラスカル
    • 2016年 9月 07日

     なんで希望の奴、お得意のプーチン論をかまさないんだ?ww

     安倍がユダ金の犬とかほざいてたから、安倍とプーチンが蜜月になるという予想外の展開に、ファビョってんのかい?

     まあ自分の頭で考えられないから、基地外コシミズ論が公表されて、それを元にいかにも自説のフリをして、ここに書き込もうという魂胆ですな。

    • 希望
    • 2016年 9月 07日

    ロシア云々の前に、やはりまず現行の偽ユダヤアメリカが衰退し日本から撤退してもらわねはならない。

    無論、彼らが撤退したとて日本の絶望的な部分、過去の借金払、少子高齢化、人口減、マイナス成長などもはやどうにもならない。

    へんな話、こういうマイナス部分を踏まえたうえで現在の、今後の日本のあり方が検討され有効な策が実行されていたら、みんな贅沢はできないけれども安定した平和な福祉国家が十分できていたものを~
    田中宇説では現行の中国以下の生活となることが予想されている
    簡単な話、国民の預貯金をすべて国債に回せば過去の借金は消せるが、国民の預貯金ゼロ、国債は発行できないので、国家予算、公務員の給与、年金は半分以下~。
    そう、これがたぶん10~20年は続くのだから~。
    国民総貧困化時代である
    もうどうしようもできない、これが現実である。
    現時点ではゴールド等有効な現物資産を黙ってもち嵐が過ぎ去るのを待つ者、別に人は生きている以上、有効な需要はあるのだからそれに目を向けてビジネスを実行する者は生き残れても、それ以外はすべて没落し消えていくことだろう。
    冷静になって考えると、実は戦時中も、平和なつもりの戦後も、一般の社会人はあまり変わらない大変な時代に生きているのだ。
    平和な時代とは、実は江戸時代まででであったと思う。
    明治以降は、田舎のクワを振るしか能のないおっさんがいきなり銃を振り回す戦争にまで駆り出され、戦後はエコノミックアニマルとして家庭を犠牲にして働かされて金をためさせられ、ためたお金は米国債としてすべて吸い上げられる、それも国債という借金までしてね。
    これらを企画し演出してきたのが、偽ユダヤアメリカ勢力である。
    実態としては、数百年は続いているユダヤ人勢力が母体のようだが、化けの皮を剥いでみると、其れなりにたいした連中である。
    さすがに宇宙人の生き残り説→まんざら否定できないがウラはとれていないので現状はただの仮説、空想話だが、人類の文明がいきなり発生したのは不思議でたまらないし、メソポタミヤ時代の異様な化石は何を意味しているのかな?
    アッと驚く事実を疑ユダヤアメリカは隠しているみたいで、仁徳天皇陵にもとても表に出せない遺物があるとかだしね。
    それより、アメリカ大統領選まで二カ月を切った。
    核兵器使用権、FRB人事決定権がかかったアメリカ大統領選挙だ。
    疑ユダヤアメリカも、これをなくせば他の勢力がいうことを聞かなくなるはずで、彼らは衰退、ただの一大勢力となるだけだろう。
    さあ、どうなるか?

    • ラスカル
    • 2016年 9月 07日

     希望って、いつも都合が悪くなると「論点飛ばし」で煙に巻いて逃げるよな。「論点飛ばし」って、本人が思っている以上に、簡単に見抜かれるんだぜ。ww

    • man21
    • 2016年 9月 08日

    お金は米国債としてすべて吸い上げられる→事実だね。
    でも、貢がなければ共倒れになるのも事実、悩ましいね。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ