年金崩壊のための対策は今から打て!

あと約10年で、まず年金積立金が底を突き始めます。

2015年9月時点で135兆円あった年金積立金
(過去の余剰分)は、すでに毎年6~7兆円が取り崩され、
株式の運用損もあり、今後またさらに負けが込み
急速に減少していきます。

今後、社会保障制度は崩壊するのは
目に見えています中で、年金が
もらえないのは明かです。

その中で人間らしい老後の生活を送るために
私たちはなにをしなければならないのか?

その対策に対して私たちは実現できる
特殊な能力を持っているのですが・・・

 


このコンテンツの続きは、経済倶楽部の有料会員様のみご覧いただけます。
会員の方はログインしてください。

ログイン

会員登録がまだの方は是非ご登録ください。
今なら30日間返金保証でお試しいただけます。

有料会員登録をする
  • 無料会員登録後にお支払い手続きを行っていただくと、有料会員に登録されます。

関連記事

  1. 4分の1がマイナス金利となる債券バブルの行く末とは?

  2. 仮想通貨が導く未来、世界の流れから遅れる日本人

  3. 地方銀行:恐ろしい素人運用の実態 

  4. 崩壊危機の韓国から学ぶべき教訓

  5. ゴミ金融商品の評価指標は顧客本位になるのか?

  6. 石油暴落を目論むロシア!プロレス団体への逆襲!?

  7. 多くの日本健全論者が見逃す落とし穴

  8. 日本健全論者の盲点

コメント

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • 希望
    • 2016年 9月 05日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 9月 05日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
    • 希望
    • 2016年 9月 06日
    コンテンツをご覧いただくにはログインをしてください。
  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

最近の記事

アーカイブページ